Page24 -「これからも、青春!」(鈴木 千秋の独り言)


印刷用『団長の独り言』PDFファイル(A4サイズ)
↓ こちらからダウンロードできます。
PDF 団長の独り言 2016.02.14

2月14日(日)「これからも、青春!」(鈴木 千秋の独り言)

「団長の独り言」をご愛読の皆様、こんにちは!
公演を終えての特別編ということで、
今週は鈴木千秋の独り言をお届けいたします。

「ようこそ!これからの青春」は、
笑いと涙と感動の盛り込まれた、
劇団ふぁんハウスならではの作品で、
今回は劇中で派手に歌ったり
踊ったりするシーンはありませんが、
展開がドラマチックで、
ご覧いただいたお客様は
ハラハラドキドキしつつ
楽しまれたそうです。

私の個人的な感性では、
脚本をいただいて最初に読んで
号泣した場面が3つありました。

(高野が『待ってくれ!』と
映画出演を断る場面・

レイが亡くなった父との
思い出を語る場面・

意を決した近藤が
『稽古しましょう!』と登場する場面)

再演の板橋公演では、初演以上に感動的で
際立ったシーンになっていたように思います。

これは全ての平野恒雄作品に
言えることなのですが、
台本をいただき初めて読んだとき、
笑い・涙・感動で、感情が
とても動き大変です(笑)

さすが大阪で「松竹新喜劇」や「吉本新喜劇」を
日常的に見て育ったという
団長の持つ笑いのセンス、
様々なシーンや言葉を介して
笑わせてくれますし、ホロッと涙や、
同じシーンに出ていたら
私も絶対泣くーという
号泣ポイントも必ずあります。

その団長と出会ったのは約10年前でして、
私がふぁんハウスの稽古見学をした翌日、
「公演に出ませんか?」と連絡があり、
その日の夜には台本を受け取り、
1週間後にオーディションを受け、
ふぁんハウス公演の出演が決まりました。

我ながら良い勘が働き、
即行動の良い判断をしたと思います。

私がふぁんハウスでお芝居をやろうと
決めた大きな理由は、本気だったから。

団長の芝居に取り組む姿勢が
半端じゃないくらい本気の本物で、
その本気は間違いなく
人の心を動かし、
成長させるものだと感じました!

団長の本気の想いが、劇団の皆を動かし、
劇団のカラーとなって表れているのです。

だから一流の役者が揃う
劇団ではないけれども、
お客様の心に響く
唯一無二のお芝居を届けることが
できるのだと思います。

人はブレたり、
心折れそうになることもありますが、
なんと言っても団長の信念は
ブレませんからね。

18年の実績も、スゴイことです。

その団長がよく言うのが、
稽古でできないことは、
まず本番でもできないってこと。

稽古でできても、
本番でできないことだらけ・・・。
相当の天才でない限り、
まずミラクルは起きません。

だから稽古を重ねるのです。
稽古を積み重ねれば、
それは自信に繋がります。

そして、いいシーンをより良くするには、
独りよがりな芝居ではなく、
周りの役者との絡みも大切だと思います。

今回も作品全体を通して、
初演を超えられたのは、稽古に真剣に
取り組んだ皆のチームワークの
賜物なんでしょうね。

その
「ようこそ!これからの青春 in 板橋」は、
本番の日は雪が降るのではないかと
心配されるほど寒い日でしたが、
月日は巡り、今日は関東地方でも
春一番が吹き
(昨年は春一番は観測されなかったそう)、
東京の最高気温は20度を超える暖かさで、
季節は確実に巡り、また春が訪れますね。

春といえば、青春。
青春とは春を表す言葉だそうです。
ふぁんハウスメンバーの皆さんは、
今が青春!っていうくらい、
元気で若く、生き生きしています。

もちろん、それぞれ悩みや
憂いもあると思いますが、
元気や若さの秘訣の一つが、
芝居に真剣に向き合っているから
ではないでしょうか。

私の場合、若かりし十代の頃は、
青春っていいなぁーなんて
しみじみ思う余裕はありませんでしたが、

今になって、
「ようこそ!これからの青春」に
約1年間携わってみて、
バリバリの現役なメンバーの
皆さんと接していて、

ホントに年齢なんて関係ない!

いくつからでもスタートできる!

いくつになっても
ワクワクドキドキできる!

やっぱり青春っていいなぁーって
思えるようになりました。

お芝居をご覧になった方でも、
そう感じた方は、
いらっしゃるのではないでしょうか。

私も生涯現役!生涯青春!

そんな気持ちを胸に、
役者としても、女としても、

「心からキレイな人になる!」

と大きく目標を掲げ、
今年をステップアップの年にしたいと
目論んでいます♪

これからも、
お客様に心から喜んでいただける
舞台を目指し、楽しさいっぱい、
笑いと涙、感動をお届けできるよう、
精進してまいります。

さぁ、次は6月公演「すぽっとらいと」。
心から楽しんでいただける
作品になるだろうと、
今から期待値も上がっています!

皆様、どうぞ楽しみにしていてくださいね!