Page2 -「おっけ~!」


『団長の独り言』PDFファイル(A4サイズ)
↓ こちらからダウンロードできます。
PDF 団長の独り言 2016.09.11

9月11日(日) 「おっけ~!」

9月に入りましたが、
まだまだ日中はアチィ~よねぇ。

だけど規則正しい大自然、
秋がやって来る気配を
朝晩はちゃんと感じさせてくれるのは、
ちょっと感動する。

いや本当に!
朝晩、涼しくなったよねー。
ついこの前まで、
暑いー暑いー蒸し蒸しするぅー最悪じゃー!
って騒いでいたのにねぇ・・・。

こうして、
なんだかんだ言っている間に、
そろそろ緑色のみかんが出回るようになり、
あれよあれよという間に冬が来て、
それで1月の板橋公演の本番が、
やって来るんだよね。

だから

「1月の本番なんて、まだ先だし」
「まだ稽古が始まったばかりだし」

と思って、
余裕のよっちゃんでいると、
とんでもなく後悔するので、
ここは気を引き締めて、
劇団ふぁんハウスのお芝居を
楽しみにしてくださっている
皆様のためにも、
毎回、毎回、ハイテンションでの
稽古を進めていく。

そんな中、唯一決まっていなかった
「オッケー早川」を演じてくれる
役者さんがついに決定した。

「すぽっとらいと」をご覧になった方ならば、
お分かりかと思うが、
この「オッケー早川」という役は、
キャラクターが尋常ではなくて、
誰でもかれでもできるって役ではない。

その「オッケー早川」を、
前回は広瀬慎一さんが、
物の見事に好演してくれたのだが、
その広瀬さんは、1月に他の芝居に
出演することが決まっていたので、
今回は新たに尋常でないこの特殊な役、
「オッケー早川」ができる役者を
ずーっと探していたので、
思わず「ついに決定」という言葉も
出てきたのだ。

ここで

「オッケー早川」

がどんなキャラクターなのか
簡単に説明をさせていただきますと・・・

まず登場する際、
必ず「おっけー!」と奇声に近い
大声を出しながらやって来る。

しかも動きがかなりエネルギッシュで、
独特の「決めポーズ」があり、
要所要所で「決めポーズ」を炸裂させる。

職業はインチキ作曲家兼歌番組の
プロデューサーなのだが、

ただプロデューサーと言っても、
とある県の人以内村(ひといない村)しか
映らない「テレビ細々」って局で、
毎週日曜日の朝4時から30分だけしか
放送しない歌番組を制作していて、
でも実のところ、
何をやっているのかよく分からない
胡散臭いやつなのだ。

さてさて、
その「オッケー早川」候補の方と、
何人か面談したけれど、なかなか
条件が合う方と出会えなかったのだが、
この度、杉山正弘さんが、
演じてくださることが決定した!

杉山さんは、ちょいっと前まで
園子温監督と一緒に
ずーっと映画を作ってきた方。

実は彼の舞台を、
この8月に見させていただいていて、

「スゲェーインパクトのある芝居をする
役者さんだなぁー」

と強い衝撃を受け、
もし彼がオッケー早川を引き受けてくれたら、
これまでの歴代オッケー早川を
完全に超える芝居をしてくれることは
間違いないよなぁーって思っていたので、

演出としても作家としても、
杉山さんの参加は、
もう嬉しい限りなのですよ!

その杉山さん、
本日稽古場にお越しになったので、
まずはオッケー早川が登場する場面の
読み合わせから。

その他の場面は、
新メンバーが加わったことによる
演出の変更点のダメ出しなどを行いつつ、
立ち稽古を進めていくと、
杉山さん、自分だけ読み合わせってのが、
どうも物足りないご様子。

そこで、
「じゃー杉山さんも、
立ってやってみますかぁ!」

というと、
遠慮しながらも、「では、やりますか!」と
いきなりの立ち稽古に挑戦してくれることに
なったので、

その場面の状況説明だけして、
あとは

「こんなにやっていいの!ってくらい、
もう遠慮なく暴れてみてくださいね。」

と伝えて、好きなように
オッケー早川を演じてもらうと!

はい!もうねぇー
本物の現場でキャリアを積んだ
役者だからこそできる芝居で、
初見であるにもかかわらず、
ガツン、ガツンと稽古場を沸かせてくれる。

すると、これは意外な展開だったけれど、
オッケー早川のとてつもない芝居を受ける
「李ヨンジャ」役の三上真理さんが、

「えっ!そうきたっかぁー」

って芝居で受けて立ち、
するとまた杉山さんも
さらにおもしろく絡み、
とてつもないシーンとなった。

そのあとに登場する吉永博光演じる
「交野部長」との絡みでも杉山流が炸裂!

すると、さすが経験豊富な吉永!
ノリノリな芝居で、
杉山流をうまく受け止めるから、大したものだ。

何度も言うが、
杉山さんは今日台本を手にしたばかりで、
「すぽっとらいと」が
どういう展開になるのか分からない。

それでも、私の「こういう感じで」
「ここはこんな雰囲気で」

という簡単な注文に応えるべく、
エネルギッシュな
芝居を見せてくれたわけだから、

それこそ台本を持ち帰り、
「オッケー早川」を研究してくれば、
更に面白くなるのは間違いない。

こうして全キャストが揃った「すぽっとらいと」、
次回の稽古も待ち遠しい団長でありました。