Page10 –「すっきり気分で!」


『団長の独り言』PDFファイル(A4サイズ)
↓ こちらからダウンロードできます。
団長の独り言 2018.05.07

5月7日(月)「すっきり気分で!」

大型連休も終わり、
世の中が正常に戻りましたね。

しかし私の身体は筋肉痛でガクガクしていて、
正常とは正反対の身体で・・・
今朝、起きるのが結構きつかったぁ。

実は連休を利用して、
2回に渡っての劇団の倉庫整理をしまして。

まず第1弾として先週の29日の日曜日、
午後からメンバー数名が集まり、
約2時間かけ、溜まった衣裳を中心に「断捨離」をして、
そして第2弾、昨日の午前10時から16時半まで!
倉庫の中のモノすべて引っ張り出しての
「大断捨離」を行ったのです。

今回の倉庫整理は、
2回とも真冬の凍える寒さもなく、
真夏の灼熱地獄でもなく、雨模様でもなく、
何より爽やかな気候で、
最高の倉庫整理日和だったのが何より。

で、昨日行った「第2弾」の倉庫整理だけど、
集合時間前の午前9時45分頃には、
全員集合していたので作業を開始する。

まずは入口付近にドサッ!と
場所を取っている大道具のパネルやたる木、
ぬき板、小割等を、
えっちらおっちら、皆で協力して下ろしていく。

そんでもって、
「倉庫内・捜索隊チーム」と、
下ろした大道具の大きさ、長さなどを測り、
何がどれだけあるのか?という
「棚卸し作業チーム」
に分かれての作業を行うと、

結構な数の道具類を表に出したので、
行方不明だった今回の芝居で使用する
「ちゃぶ台」が、すぐに見つかった。

ここ最近、
芝居で使用する小道具類を取りに
何度となく倉庫に来たのだが、
その時は「ちゃぶ台」がまったく見つからず、

「ひょっとしたら紛失したか!?」

とちょいっとドキドキだっただけに、
ちゃぶ台が倉庫の片隅から出てきたときは
嬉しかったね。

「ちゃぶ台」を見つけ出したので、
すっかり調子が出て来て、
今度は今回使用する「居酒屋門出のカウンター」と
「居酒屋門出」の店看板、
それから田舎の駅のホームの前にあるベンチ、

そして10年前に上演した「夢めぐり」から
ずーっと出番のなかったテレビ台など、
今回使用する道具類を、
倉庫の手前に持ってくる作業を行う。

これが、結構大変でしてね。
なにせ、奥の奥のそのまた奥に
パズルを組み合わせるかの如く
組み合わせながらしまい込んでいるものを、
大きなものから小さなものまで、
引っ張り出さなきゃいけない・・・

しかもそれと同時に、
前回の「ふきのとう物語」で大活躍したお人形達や、
あれやこれや、暫く出番はないであろう
モノを倉庫の奥へとしまい込むので、

腰は使うし、
大胸筋も背中も上腕二頭筋も大活躍で、
気候がいいとはいえども、
コンテナ内での筋肉作業のおかげで、
結構ヘロヘロだ。

そんな作業の中、
「何かに使うかも?」って取っておいたのに、
日の目を見ないままの小道具類達が
わんさか出てきたから、
何から手をつけていいのやら状態に。

芝居をやっている方ならば
お判りかと思うが、
なんでも芝居に使えるので、
ついつい取っておきたくなるんだよね。

そんな事をしているから、
倉庫が悲惨な状態になるのに、
いざ捨てるとなると、20年間の歴史の中で
溜まっていった小道具達には
様々な思い出があり、

その都度手を止めて、

「みんな何しているのかな?」

とその小道具を使った役者の顔を思い浮かべ、
しみじみしてしまうので、益々捨てられない。

それでも、「えい!やぁ!」精神でガンガン廃棄!

そんな作業を休憩も入れつつ行えば、

「Oh!ワンダフル!!」

永遠に終わらないと思っていた
ゴチャゴチャした倉庫が、
一応はスッキリした。

ただ皆さんも私もクタクタ・・・
でも18時からは稽古があるので、
ダラダラしていられない!

明るく!パワフルに!
集中力を持続させつつ、
緊張感バリバリの稽古を繰り広げる。

この日は、最後まで決まらなかった
「二郎」役の役者さんも来てくれて、
稽古場は大いに盛り上る。

倉庫もスッキリ!
劇団もスッキリ!

お客様の笑顔のために、
チームワークで稽古に励む
劇団ふぁんハウスでありました。