Page10 – 「美容室の椅子をゲット」

『団長の独り言』PDFファイル(A4サイズ)
↓ こちらからダウンロードできます。
団長の独り言 2021.12.05

12月5日(日)
「美容室の椅子をゲット」

今回の作品はタイトルからも
分かるように「美容室」の物語。

しかし舞台セットは、
美容室店舗の奥にある来客用の「ラウンジ」と、
「自宅ダイニング兼従業員休憩スペース」
という二つの部屋。

この二つの部屋はつながっていて、
位置的に店舗の通用口を通り抜けた
裏側にあるという設定。

客席から向かって左側の「ラウンジ」は、
カットやセットを終えた常連客が
コーヒーを飲みながら
先生と世間話をするための寛ぎスペース。

まぁーあの「ラウンジ」といっても、
ようは店舗のバックヤードをちょっとだけ
小ぎれいにして、ソファーを置いただけの
とてもシンプルなスペースで、
ヘアカラー見本やシャンプー等の
試供品や見本が、さりげなく
飾ってあるって感じ。

その「ラウンジ」の隣の部屋が、
久美先生の住居スペースとなっており、
そこにはダイニングテーブルが置かれて、
一応「従業員や家族」が
寛ぐスペースって事になっている。

こんなお店があるかどうか知らないけれど、
世の中コンビニの数よりも
美容室が多いわけだし。

もしかしたら、カットやブロー等を終えた
常連さん達はバックヤードの部屋に通されて、
コーヒーを飲みながら世間話をしたり、
嫁姑の愚痴を言ったりするという
お店もあるんじゃないかな?と思い、
作品を描き上げた。

という事で物語のほとんどのシーンは、
いわゆる「バックヤード」での芝居なのだが、
とは言えども「美容室物語」だから、
店舗内でお仕事をしているシーンも
当然ながら少しはある。

店舗内のシーンって事は、
つまり美容室が登場しなきゃいけないわけで、
これはちょいと頭をひねった。

劇場に「盆」と呼ばれる回転式の舞台があれば、
美容室の舞台セットをガッチリ作っておいて、
「舞台」がクルクルって回転すると、
「バックヤード」の舞台セットが
登場するって事にすれば、
両方のシーンを自然に演じる事に
なんの問題もない。

しかし、我々が今回もお世話になる
赤坂区民センターには「盆」なんて当然ないし、
仮に仮に盆があったとしても、
舞台セットを二場面分作らなきゃいけない。

もっとも盆がない劇場だとしても、
それなりに多くの予算を組めば、
なんらかの方法で、「バックヤード」と「美容室」の
二場面分の舞台セットをガッチリ作って、
場面転換を行うって事も出来るのかもしれないが、
いずれにしても二場面分の舞台セットを
創るなんてーのは、予算的な事を考えると、
とてもではないが、今の劇団ふぁんハウスでは
まず無理な話・・。

でも物語には美容室のシーンは必要でして、
「さぁーどうしましょうか?」
と考え、思いついたのが、
「美容室の椅子」と照明だけで、
「美容室」を表現するって事。

普段はバックヤードのシーンがメインで
物語が進行して行くけれど、
舞台前が「美容室」になったり、
「病室」になったり、
あるいは・・・になったり!
(ここはネタバレになるので秘密)

照明と道具類で、(今回も)
各場面を表わそうと思っている。

病室のシーンは、以前とある作品で
格安レンタルベッドを利用して、
舞台の奥にベッドを設置し、
そこのエリアだけに明かりを当て、
「病室」って事で芝居をした事が
あったのでなんとかなるけれど、
問題は「美容室の椅子」。

早速色々と調べてみたけれど、
美容室の椅子のレンタルなんてのは
さすがになくて、それでも諦めず、
根気よくインターネットで検索していると!

「ジモティー」という地元限定の
「売ります」「買います」みたいな
地元の掲示板サイトで、
破格の値段の「美容室の椅子」を発見!

歴史を感じる古さといい、
創業40数年の「久美美容室」
のイメージにピッタリ!

メルカリと違って
必ず引き取りに行くのが条件なんだけど、
練馬区なので全然車で行ける範囲。

早速、連絡をさせていただき、
昨日の土曜日、引き取りに行った。

出品者の方は
美容関係の方という雰囲気のある、
すっごく感じのいい若い方だったので、

「美容室をされていたんですか?」
って伺ったら、
改装工事のお仕事をされていて、
美容室のリフォームか何かで
椅子の処分を依頼されて、
この度ジモティーに出品されたとの事。

なるほど!
そうゆうパターンもあるのかぁ〜と
感心すると同時に、
って事は他にも美容室関係グッズで
何かないですか?と伺ってみたら、
残念ながら「椅子3脚」のみとのこと。

しかし、とても気さくで感じのいい方なので、
なんだかんだと会話も弾み、とても気持ちよく
購入させていただく事が出来た。

しばらくすると、
「お受け取りありがとうございました!
素敵なお芝居になる事をお祈りいたします」

というお礼のメールまで下さり、
すっかりジモティーの
(というかその出品者様の)
ファンになってしまう。

「美容室グッズがあれば、なんでも欲しい!」
って事はお伝えしたので、お仕事の関係で、
掘り出しモノが出たら、
きっと出品して下さるはずなので、
これからもフォローさせていただき、
ちょくちょくチェックしようと思う
団長でありました。

「美容関係の方へのお願い」
いらなくなった
美容室グッズがありましたら、
ドンドン引き取りますので、
劇団までご連絡下さいね!


共有: