Page15 – 「刺激をいただき、さあ今週も稽古です!」


三井さんから届いた図面をもとに
“やや斜め”に角度をつけて、まずは稽古場をバミっていきます。





【番外編-1】~中村敦夫さんの朗読劇観劇~

団長・平野恒雄の師匠である、
俳優の中村敦夫さんの朗読劇「線量計が鳴る ~元・原発技師のモノローグ~」を、
団長、劇団メンバー数名で観に行ってきました!

原発の問題、福島第一原発の事故のことなどを、
一人の元・原発技師の老人として、語っていきます。

2時間の朗読劇、
難しい内容かと思いきや、
とても分かりやすく、面白く、
ほとんど動きがないのに、全く飽きることなく、
集中力も途切れることなく、
むしろ食い入るように観ていました。

79歳の敦夫さん、
その日で79回目の公演だったそうです。
2時間しゃべり続けるには相当な体力を使うと思います。
それなのにあのエネルギー!ホントにすごかったです!
ありがとうございました!
終演後、楽屋を訪ねて挨拶をさせていただき帰路につきました。

団長は5月にも朗読劇を観劇されていて、
その時の様子を「団長の独り言」に綴っています。
ぜひご覧ください。
《参照》団長の独り言 Page10–「中村敦夫さんに刺激を受けて!」

中村敦夫さんの著書「朗読劇 線量計が鳴る ~元・原発技師のモノローグ~」

詳しい朗読劇の情報はこちらから
朗読劇「線量計が鳴る」

【番外編-2】 ~可愛い動物編~
橘田くんから、
ある日訪れた水族館の写真をいただきました。
クラゲ。水槽の中で淡いピンク色に輝き、とても綺麗。

大きくお口を開けた魚。
シャッターチャンスとばかりに写真に収めたそうです。
角度によって、コワくも、カワイクも見えますね(^^)

橘田くんの家の近所にいる猫。
人に慣れているようで、逃げたりしませんね。

時々写真館に登場する鈴木さんちの猫。
床でゴロンゴロンとリラックスしています。