Page2 –「稽古が出来る幸せをかみしめて。」


『団長の独り言』PDFファイル(A4サイズ)
↓ こちらからダウンロードできます。
団長の独り言 2019.10.13

「稽古が出来る幸せをかみしめて。」

今回の「明日への旅路 板橋公演」より
参加してくれる、新メンバー木村舞子ちゃん。
前回の初稽古で、初見であるにもかかわらず、
いい感じだったのだが、
それでも、数か月にも及ぶ稽古を経て、
本番を迎えたメンバーの中にいきなり入って、
同じテンションで行うというのはなかなか大変。

そこで皆に追いついてもらうべく、
昨日の土曜日は、彼女演じる
「給食センター主任・小坂明子」が登場する、
全ての場面の抜き稽古を行う予定でいた。

しかし・・・台風19号の影響で、
前日からニュース等では
「命を守る行動をして下さい」
と頻繁に伝えていて、
電車等も午後から随時運転を取りやめる事が
決定していたし、
スーパーやコンビニまで営業を終了するという・・・。

これでは稽古が出来る状態ではない。

残念ではあるが、土曜日の抜き稽古は、
日を改めるという決定を下し、
台風の行方を心配しつつ、
家でひっそり過ごす事となった。

翌日曜日、昨晩の雨風は収まり、
朝から青空がひろがり、気温も30度近くまで
上がってきていたけれど、
家の近所を流れる「荒川」が
とんでもない事になっている!

普段、玄関を出た廊下から見えるはずの
河川敷のグランドも、芝生も広場も、
サイクリングやウォーキングを行う人達で
賑わう道路も、すべて濁流の中・・・。

ニュース報道では、
関東・東北地方を中心に被災された
家屋等の様子が次々と伝えられていて、
こりゃ〜とんでもない災害が
日本列島で起こってしまったんだ・・・
と息をのみ、
その直後に脳裏をよぎったのが、
「劇団メンバーは大丈夫だろか?」という事だった。

特に誰からも連絡はないが、
皆の顔を見るまでは不安な気持ちを抱きつつ、
夕刻時、稽古場へと向かう。

その稽古場なのだが、
いつも利用している公共施設は、
「台風での被害状況の確認作業を行う為、
利用出来ない」
という連絡が金曜日の時点で入っていた。

そこで、
急遽どこぞ稽古の出来る場所はないものか?
と劇団の主なメンバーが手分けして、
片っ端から様々な施設を探し回った結果、
都内のとある公共施設に空きがあるという事を
見つけ出してくれて、
おかげ様で2日連続稽古中止という事態は免れ、
本日、
場所を変え行う事になった「お初」の稽古場に、
続々と集まるメンバー達。

みんな、いつもと変わらず・・・
いや!いつも以上に明るい笑顔で、
無事、稽古場に姿を現してくれたので、
その事だけで感動してしまう。

しばらく
皆と語り合いたいところではあるけれど、
昨日の稽古を中止した分と、
今日のスケジュールをこなさなきゃいけないので、
テキパキと準備をして、
ファーストシーンから順を追って、
立ち稽古を行う。

特に時間を割いたのは、
初参加となる篠笛奏者の岡部拓人さんの演奏箇所と、
この度役者としてデビューする事となった
受付スタッフの松本渉さん絡みのシーン、
そして昨日稽古ができなかった
「給食センター」のシーンを重点的に行い、
あとは演出を大きく変化させた
「会議」のシーン等も細かく行った。

篠笛奏者の岡部さんは、
役者初参加の松本さんの知人で、
前回公演のダイレクトメール発送作業を
手伝ってくれたのがご縁で、
「明日への旅路」も劇場でご覧になり、
お芝居にとても感動して、
「何かお手伝い出来る事があれば!」
と言ってくれていた。

そんな折、前回公演でオカリナ演奏してくれた、
サックス奏者兼役者の佐野さんから、

「本業のジャズの演奏活動が忙しくなるため、
今回の出演は厳しい・・・」

との申し出があったものだから、
ならば!という事で、
岡部さんに佐野さんが演奏したオカリナの部分を
篠笛で演奏してもらう事にしたのだ。

いやぁ〜
和楽器が劇団ふぁんハウスに登場するのは
初めての事なんだけど、
笛の音色が稽古場にこだました途端、
すべてが「和」になるのには恐れ入る!

この素敵な「和」テイストに、
アマティーのピアノが入るとどうなるのか?

ちょっとワクワクしながら、
岡部さんの笛の音を聞ききつつ、
松本さん演じる
「スリーミ─のお客さん」の
登場するシーンの稽古もしてみる。

松本さんは、
劇団ふぁんハウスのボランティアスタッフとして
活躍するようになって、
もう5・6年になるんじゃないかなぁ?

舞台監督の高橋さんの事を兄貴として慕い、
飄々としつつも、
どのポジションでもこなしてくれる
頼れる男だったのだが、
どうしたものか?意を決したかのように、

「役者として参加させてください!」

と劇団活動が夏休みの期間に言ってきた。

ちょうど基礎訓練を行うタイミングだったので、
「一度稽古場においで」とお誘いをして、
基礎訓練に参加してもらったのだ。

そりゃーね、芝居未経験者なので、
お世辞にも、
「いい芝居をするなぁ」とは言えないけれど、
芝居への「熱意」と「やる気」は
すごく伝わってきたので、

彼のいいところを引き出す演出にすれば、
そこそこ行けるかも!?と思い、
本日の本稽古でバリバリやってもらうと、
かなり個性的な芝居を魅せてくれた。

こうした新メンバー達に刺激を受けた
他の皆さんも、
稽古が出来る幸せを噛みしめながら、
全員が素直な心で、緊張感のある充実した
稽古を行ったのでした。