Page9 –「たまには心の洗濯もいいものだ。」


『団長の独り言』PDFファイル(A4サイズ)
↓ こちらからダウンロードできます。
団長の独り言 2019.12.01

「たまには心の洗濯もいいものだ。」

先週の11月22日の話。
仕事がお休みとなった!
この日は金曜日なので劇団活動はないし、
GYMは、前日たっぷりたっぷり
筋肉を苛め抜いた余韻が
まだまだ残っているので、
まぁー2日続けていかなくてもいい。

って事は!
私にしては珍しく「何もない日」。
しかも翌日の土曜日も
夕方の劇団の稽古時まで何もない!
これはまたとないチャンス!

「よし!紅葉狩りに行こう!」

と、思い立ったはいいが、
なにせウィークデーなもので、
家族のみんなは、
それぞれ仕事や学校等があるようなので、
私の急な思い付きには誰ものってこない。

そーですか・・そうですか・・・

ならば一人で行くか!と思い、

「一人ならばやっぱバイクでしょう!」

とバイクレンタルのページを開けば、
ホンダCB1300は24時間で26500円・・・
CB1100でもそれくらい・・・

「高いなぁ・・・」

8時間だと多少安くなるけれど、
8時間ぽっちだと、
時間ばかり気になってあまり楽しくない・・・
というか!天気予報によれば、朝から雨だ。

場所によっては午後から雨らしいけど、
いずれにしても雨の予報が出ている中、
思い付きで2万なんぼ出してまで
バイクでツーリングに行くほどの根性は、
今の私にはない。

よし!じゃー車で行くか!と
気持ちを切り替え、
劇団の小道具満載の平野カーの助手席に、
購入してから十年くらいなるであろう
ニコンの一眼レフカメラ
(三百ミリ望遠レンズ付き)をのっけて、
向かうは茨城県の花貫渓谷。

なんかね、テレビコマーシャルで、
「カミナリ」って漫才コンビが宣伝していてね、
「行ってみたいな」って密かに思っていたんです。

ただ雨が降るって言っているから、
早めの行動が大事。

午前4時半に起きて、午前5時半には家を出る。
そんな話を前日の夜話をしていたら、
次女の美和が
「私だったら、せっかくの休みの日なら、
ずーっと寝るな。」

と言う。

寝る?じょ〜だんじゃない。
こちとら、完全なるフリーな日なんだからね、
そんな「寝る」なんて、
人生を無駄にするような事はしたくないものでね!

薄暗いなか家を出て、
ローソンでホットコーヒーとサンドイッチと
お菓子を買い込んで、いざ!花貫渓谷へ!

暫く走って高速道路に入れば、
平日の早朝なのにも関わらず、
もう朝の渋滞が始まっている。

いやはや・・・
皆さま朝も早くからご苦労様ですなぁ。

皆さんが仕事に向かう中、
「遊び」に向かうのがちょっと気が引けるが、
まぁーいいか!普段は、土日も平日も
早朝から夜遅くまで、
仕事や劇団活動で動き回っているんだから。

鼻歌を口ずさみながら車を走らせ、
いつの間にやら明るくなっていった空の下、
景色が大自然へと移り変わっていく道を
進んで行くと、

到着しましたぁ!
花貫渓谷の駐車場に。
時計に目をやれば午前8時半過ぎ。
それなのに、すでに駐車場には
何台もの車と観光バスが!

雨が降るって言っているのに、
みんな好きだねぇ〜と思いながら
「お前もな!」と
自分に突っ込みを入れて笑う私。

ダウンベストの上にジャンパーを着こんで
帽子をかぶり、首からカメラをぶら下げ、
人が歩くほうへと足を速めると、
いきなり真っ赤な紅葉の大樹が目に飛び込む!

「すげぇ〜」

でも先を急がねば。
雨が降ってくるかもしれないので、
目的の「吊り橋」目指して足を早めるが、
道中、どこもかしこも
赤、黄色、緑と色とりどりの木々が
出迎えてくれて!もう!最高!
夢中でシャッターを切る。

目的の吊り橋に到着すると、
そこの紅葉もとっても素晴らしくて、
何度も何度も吊り橋を往復してしまった。

ちょっとした小さな渓流も
情緒を醸し出していたし、
駐車場近くの「掘建て小屋」で、
火鉢を囲んで食べた「キノコうどん」も
最高においしかったなぁ〜。

行きかう人々も、
時間が経つにつれ徐々に増えるが、
圧倒的に私よりも十歳くらいは上のご夫婦や、
おば様お友達軍団が多く、
外国の観光客の姿もそこそこいた。

京都の嵐山のように、
世界的に有名じゃないかもしれない場所でも、
外国の観光客がやってくるってのは、
皆さん、熱心に日本の「穴場」を
探して来るんだろうなぁ。

ちなみに、
一人で来ている人もいるにはいたので、
私もそんなに目立った存在ではなかったはず。

結局、2時間はいただろうか?
花貫渓谷の紅葉を満喫して、
花貫ダムに立ち寄り、「おお!ダムだぁ!」と
ちょっぴり感動し、
帰りは、行きと違うルートで東京へ向かう事に。

しばらく走っていると、大きなパラボラアンテナが
山の向こうに見えたので、「こりゃー行かねば!」と、
パラボラを目指してひた走り目的地に到着。

遠くから眺めていても存在感があったのに、
傍に近づくと、その巨大さに口をあんぐり・・・
長野県の野辺山にも
同じような巨大パラボラアンテナがあって、
そちらも観たことあったけど、
こちらのアンテナの迫力もなかなかのもの。

折角なので、
マイカーとパラボラアンテナの
コラボ写真やパラボラアンテナ単独の、
写真もパチパチと撮りまくり、
「帰るか!」
と車に乗り込んだ途端雨が落ちてきた!
ナイスなタイミング!

雨の海岸線を走り、
大きな日立の工場を横目にしながら
大洗海岸へ向かい、白波の立つ
海の見える駐車場に車を停めて、
缶コーヒーを飲み、
長渕剛の「JEEP」をかけて、
ちょっとカッコつける私。

♪「海はやっぱり光ってた 砂浜を野良犬が走ってた
ずっと遠くで船がゆっくり動いてた
ウエットスーツの若者が、くちはてた流木とたわむれ
俺はむしょうにコーヒーが飲みたくなった

俺はJEEPをとめた シーズンOFFのドライブイン
コーヒーを飲みながらやめてたタバコに火をつけた
窓ガラス越しに 打ち寄せる波を見てると
もう一度自分を信じてみたくなった

Oh my JEEP 全てを許してみよう
Oh my JEEP あいつを愛してやろう
Oh my JEEP 陽は高く昇った
Oh my JEEP 幌をはずしたJEEPを走らせた

driving with my JEEP
driving with my JEEP
driving with my JEEP

with my JEEP 」♪(作詞:長渕剛)

そして大洗から高速に乗り、友部SAに立ち寄ると
「納豆カレー」なるものが!
一か八かチャレンジしたら、
これがなかなか旨いんですよ。満足満足!

突然出来た「何もない日」。
大自然の中で素敵な景色を満喫し、
家に帰って撮った写真を眺めてまた余韻に浸り、
心の洗濯をした最高の休日を過ごし、
明日への活力にしたのでした。