Page15 –「昼夜稽古が始まったぞぉ。」


『団長の独り言』PDFファイル(A4サイズ)
↓ こちらからダウンロードできます。
団長の独り言 2020.01.12

「昼夜稽古が始まったぞぉ。」

昼夜連続稽古が始まった。
13時から21時半まで。

かなり長時間の稽古なんだけど、
かなりヘトヘトに疲れるけれど、
気心の知れた素敵なメンバー達と共に
一日中芝居創りに携われるので、
ウキウキしてしまうのは私だけかな?

そんな昼夜稽古初日の昨日、
午前6時に起床。

稽古は13時からなのだから、
何もそんな早く
起きなくてもいいのだが、

長丁場稽古の前に、
どーしてもGYMに行って、
思いっきり筋トレをして
身体を整えたかったので、
頑張って早起きしましたよ。

午前7時すぎに家を出て、
行き付け?のGYMに向かい、
8時のオープンと同時に
流れ込むように店内へ突入!

ストレッチもそこそこに、
ランニングマシンで汗をかき、
まずはベンチプレス!

この日は調子が良くて、
90キロがやけに軽く感じたので、
自分の中でのマックスである
100キロまで上げてみたが・・・

あーやっぱり、
胸までシャフトを降ろす事が出来ず、
仕方がないので、
「ハーフ」を2回・2セット行う。

次にダンベルプレスは36キロ!

「さぁー今朝はどうかな?」

ちょっと不安だったけど、
両肘を深─く降ろしても、
ちゃんと持ち上がり、
気合で10回4セットをこなし、

その後も大胸筋と上腕三頭筋を
中心に鍛えまくる。

滞在時間は3時間!
急いでシャワーを浴びて、
一旦家に戻り、共演者の平野美和と
舞台スタッフの平野美鶴と合流し、
コンビニで軽く昼食を摂り、いざ稽古場へ。

この日より、いつもの稽古場を飛び出し、
広くて間口の取れる稽古場を
何か所か回っての稽古となるのだが、
昨日の稽古場は、板橋区内の施設A。

ここは、本番を行う劇場とほぼ同じだけの
間口・奥行きが確保出来るし、
防音もしっかり効いているので、
どんなに大声だしてもまったく問題ないし、
また他のグループの音も全然聞こえない
のがいい。

それより何より!
とーっても綺麗で清潔感がある。

ただ欠点としては、
1、予約がなかなか取れない。
2、鉄道の最寄り駅から更にバスに乗るか、
あるいは徒歩23分ほどかかる。
3、利用料がちょいとお高い。

それでもここの稽古場は
追い込み稽古にはうってつけなので、
劇団ふぁんハウスでは、
本番直前になると、こちらの施設を
ちょくちょく利用させていただいている。

稽古場に車を寄せると、
メンバー達が続々とやってきて、
荷物をえっちらおっちら運ぶ。

どの顏も、
まるでこれから遠足にでも行くかのように
明るくて、ウキウキ感が伝わってくる。

そんなみんなと共に、
図面片手にメジャーで寸法を測り、
ほぼ実寸どおり、道具類を並べる。

こちらの稽古場のもうひとついいところは、
可動式の張り出し用・ステージ台が備品としてあり、

その備品を利用させていただき、
本番の舞台セット同様に、
上手奥・下手奥に「台」を設置すると、
立派な「ホテル春琴閣」が稽古場に現れる。

台に上る際の2段の階段もあるので、
早速、新メンバーの深谷志帆さんが
同じく新メンバーの木村舞子ちゃんと共に、
段差の上り下りの確認を行う。

そうこうしているうちに準備も整ったので、
極力衣裳に近い衣裳を身に着け、
緊張感が高まる中、通し稽古を開始した。

これまでの稽古場とは広さが違うので、
歩幅から何から何まで
変わってしまうはずなのに、
広々とした仮・舞台セットの中でも、
皆さん、戸惑う事なく伸び伸びと演じていた。

テンポも良くて前半は2分、
後半はなんと!3分も縮まる。
決して、
シーンをすっ飛ばしたわけじゃないよ。

睦子さんが、
「団長、私、大事な○○○ってセリフを
抜かしたのよねぇー
だから短くなったのかも・・・。」

と言ってきたけれど、

「そんな一言セリフが抜けたくらいじゃー
トータルで5分も縮まりませんよ。」

と言うと、みんな笑顔。

何度も何度も稽古をしているので、
知らず知らずのうちに、
相手役との掛け合いもスムーズになり、
テンポよく
芝居を進める事が出来るようになったので、
これだけのタイムが出たのだ。

しかし約1時間の休憩をはさんで、
夜の部でも通し稽古を行えば・・・

あれ?
ちょっと疲れが出たのかな?

役者の集中力もまだらになってきて、
セリフのトチリがすこーし現れ、
2幕の幕開きからして、
エネルギーがダウンしているように感じたので、
そのあたりを指摘して、
他にもダメのある箇所をそれぞれに伝え、
この日の昼夜稽古を終了。

大急ぎで片付け作業を行い、
時計に目をやれば21時25分。
12時45分に荷物を運び込んでから
8時間40分!
さすがに皆さん、お疲れの様子・・・。
それでも翌日曜日の午後12時半、
稽古場に到着すれば、
またまた元気いっぱいのメンバー達が
顏を揃えていて、
昨日同様、エネルギー溢れる昼夜稽古を
退館時間ギリギリまで行ったのでした。

きっと皆さん、クタクタに違いない。
どうか、どうか体調管理を万全に、
本番では最高のパフォーマンスを
お客様にお届け出来るように、
残りわずかな稽古も「笑顔!」で
駆け抜けましょうねぇー。