Page3 –「ピエロが踊る国」


『団長の独り言』PDFファイル(A4サイズ)
↓ こちらからダウンロードできます。
団長の独り言 2020.04.19

「ピエロが踊る国」

劇団ふぁんハウス活動を始めてから
22年目となっているんだけど、
こんな長い期間、
稽古場に行かない日が続くのは初めて。

もしコロナ騒動がなければ、
今の時期、新メンバーの選考会なんかを行い、
台本印刷も終わり、
さぁーいよいよ全体稽古のスタートだぁ!
ってやっていたはずなんだけどねぇ・・・。

何せ稽古場が使えないし、使えたとしても、
そもそも大人数で集まるのを
自粛しなきゃいけないので、
全くもって開店休業状態・・・。

もっとも
それは劇団ふぁんハウスに限った事ではなく、
世の中、もっともっと大変な想いを
されている方がたくさんいて、
皆さん、我慢を強いられて、
歯を食いしばっていらっしゃるわけで、
そんな芝居の稽古が出来ないごときで、
嘆いていているご時世ではない。

テレビ、ラジオ、新聞では、
連日その話題で持ち切り・・・。

「医療専門家」がもっともらしく言う
コメントの真偽のほどは分からないけれど、
コロナウイルスを舐めたら、
とんでもない事になるってのは伝わってくる。

2月の終わり頃かな?
フェイスブックを覗いていたら、
どこかのお医者さんが書き込みをしていたけれど、

「今のところ、私のクリニックには
一人もそのような(コロナにかかった)方はいません」
「多くの町にはほとんどコロナになった人はいない」
「感染している人は珍しい」
「コロナは自然と治ります」
「そんな大騒ぎする事でもない」

というような書き込みがあり、
そのコメントにも、
「僕は元気だからマスクは必要ありません」
という書き込みもあった・・・。

あとは最近は全然見かけなくなったけど、
ちょっとイケメンのどこかの医学界の人が、

「新型コロナウイルスは、
マスクの網をも通るくらい小さいので、
マスクをする意味がない!
だから私はマスクをしません」

って自信たっぷりに言っていた
ような気がする・・・。

あれから1か月半・・・
今、世の中に何が起こっているのかと言えば、
アメリカを筆頭に、
世界中とんでもない事になってしまい、
終息の目途が立っていない。

マスクをするとかしないとかの
議論をする人も今やいなくなり、
人前でマスクをしない人はほぼ皆無。
咳エチケットって言葉もあるくらい・・・。
そのマスクは自分を守るためというよりも、
他人を守る思いやりとして、
マスクの着用を行うのが一般常識となっている。

とにかく、
なんとかこの危機を乗り越えようと、
ほとんどの方が必死の思いで過ごし、
医療関係者の皆さんは、
身の危険を顧みず、必死に頑張っておられる。

そんな中、
安倍総理と星野源とのコラボ動画・・・
観た瞬間、唖然とした。

あの・・・実は私、
この団長の独り言を描くにあたり、
20数年間、「政治」「宗教」
あと「野球の勝ち負け」に関する事は、
極力描かないようにしていたが、
さすがに、総理(政府)の態度には、
もう我慢できないので、あえて書かせていただくが・・・

あの「動画」で不要不急の外出はやめようって
メッセージになると本気で思っているのか?
あんなことを提案する官僚と実行した総理には
怒りを通り越して呆れてしまった。

発案者は総理秘書官らしいけど、
その人って、
すごく勉強が出来て、努力家で、
頭の回転の速く、運と才能に恵まれた
スーパーエリートさんなんだろうけど・・・。
なんであんな事を思いついたのかな?
「それはちょっと・・・」って言う人、
周りにいなかったのかな?

童話「裸の王様」を地で行く国のトップが、
現実の世界にいるとは思わなかった。
しかもそれがわが国の総理大臣だからねぇ・・・。

森友加計問題・・・桜を見る会・・・
これらは確たる証拠がないから、
「あー言えばこう言う作戦」で、
はぐらかしているけれど、
あの動画ははぐらかしようがない・・・。

国会で答弁する前に、
安倍総理がスーツのボタンを締めて、

「あの動画に関しましては、
私は一切身に覚えのない事でございまして・・・」
というような答弁が今回は出来ないだけに、
政権内でも色々とゴタゴタしているのでしょうけど。

今、必死の思いで
働いている医療関係者の皆さんや、
各行政の担当者の皆さん、
そして収入が激減して、生きていくのも
ままならない状態になった方々が
あの動画を見たら一体どう思うでしょう?

そういった人の気持ちに寄り添う想像力が
高級官僚にはないのかなぁ?

あと全国に配られる布マスクね。
そりゃーマスクがないから、
布の小さなマスクでも2枚来れば、
ありがたいって思う人もいるでしょう。

でもなぁ・・・
「これで国民の不安がパッ!と消えます!」
っていう官僚の言葉・・・
不安、パッ!と消えるかぁ?
本気でそんな事を思っているのか?

で!いざ配られたマスクを見てみたら、
髪の毛や虫等の異物混入がみつかり、
その数、数千枚!!!
どこに発注したのか知らないが、
慌てて作らせるから、こんな事になる。

そのとんでもないマスク、
国会議員の誰もつけちゃーいない。

唯一、意地で着けているのが、
顎の出た小さな布マスク姿の安倍総理。

もうねぇ・・・
どこからどう見てもピエロにしか見えない。

きっと、
このコロナ騒ぎが収束した暁には、
安倍さんは、「わが手柄」って顏するのかなぁ?

いずれにしても、
ピエロが踊っている姿を見ていると、
「もう勘弁してくれよ」と、言いたくもなりますよ。

しかし、救いなのは、
こんなピエロが踊っている国であるにも拘わらず、
地方行政の長をはじめとする
各方面の「ちゃんとした人達」の
危機意識のおかげで、
アメリカやスペインほどの感染大爆発を、
現時点ではかろうじて抑え込んでいる。
(そこに油断をして、マスクもせず、
人前で騒いでいる老若男女がいるけれど・・・)

それでも、まだまだ戦いは続くけど、
必ず芝居の稽古が普通に出来る日がやって来る。
マスクなんてしなくてもいい日がやって来る。

その時は、「普通」ってものに感謝をして、
思う存分、お芝居をしたいですね。

その日を笑顔で迎えるためにも、
今は踏ん張ろう!辛抱しよう!