Page 8 –「8月、演劇教室開催!」


ふぁんハウス写真館をご覧の皆様、
いかがお過ごしでしょうか?

劇団ふぁんハウスでは、
今年8月、演劇教室を開催することになりました!

◆板橋区文化・国際交流財団様発行の情報誌「ふれあい6月号No.216」に、
演劇教室の情報と、アマティアズのコメントを掲載していいただきました!
ありがとうございます!

以下のリンクからPDFファイルをご覧いただけます。
板橋区文化・国際交流財団情報誌 「ふれあい6月号No.216号」
※ふぁんハウスの記事は、7ページの一番上に掲載されています。


【劇団ふぁんハウス演劇教室】
※一部日程の変更がございます。
以下、最新の情報を掲載しておりますので、ご確認お願いいたします。

日付:2020年8月
9日(日)、22日(土)、23日(日)、29日(土) ※全4回です。
時間:18時~21時まで。
場所:板橋区高島平 (詳細はお問い合せください。)

劇団ふぁんハウスは視覚に障がいのあるメンバー達とともに旗揚げし、
今年で設立22年目となります。

板橋区内を拠点に稽古を行い、「夢」「希望」「勇気」を
お届けする作品を上演し続けて参りました。
公演時には、
「視覚に障がいのある方への音声ガイド放送」
「最寄り駅からのガイドヘルプ」
「聴覚に障がいのある方への台本レンタル」
等も導入し、バリアフリー観劇サポートにも定評があります。

その劇団ふぁんハウスが、
楽しく体験できる演劇教室を板橋区内の公共施設にて開催します。

・参加費は無料!
・未経験者大歓迎!
・1回だけの参加も可!
・年齢不問!

参加ご希望の方は、メールにてご連絡をお願いいたします。
お問合せ:info@funhouse.ne.jp

ぜひこの機会に、楽しく演劇を体験してください。


(写真は劇団ふぁんハウス公演「明日への旅路」より)


(写真は劇団ふぁんハウス公演「夢めぐり」より)


※「ふれあい6月号No.216号」の、
アマティアズのコメントをこちらに記載します。

【アマティアズさんにインタビューしました。】

アマティアズと申します。
劇中でのピアノ演奏と作曲を行っております。

私は生まれたときから目が見えません。
そんな私が、劇団ふぁんハウスの門を叩いたのは
音楽大学の学生の頃でした。

劇団ふぁんハウスでは、
音声ガイドや劇場までのガイドヘルプ等があり、
目が見えなくとも安心して観劇が楽しめる劇団で、
趣旨に賛同しての入団でした。

入団すれば、
「熱意とやる気さえあれば、本物の芝居ができるはず!」
というポリシーのもと、障がいのあるメンバーを
さりげなくフォローするスタイルだったので、
私も自然と溶け込むことができました。

だからと言って
障がいがあるがゆえの甘えは許されません。
見えないから出来ないという考えは持たず、
がむしゃらに芝居と音楽に向き合い、
活動しております。
興味のある方は、障がいの有無、老若男女問わず大歓迎です!
一緒にお芝居を創りましょうね!


(写真は劇団ふぁんハウス公演「明日への旅路」より)


(写真は劇団ふぁんハウス公演「明日への旅路」より)