Page36 –「荷物満載の季節」


『団長の独り言』PDFファイル(A4サイズ)
↓ こちらからダウンロードできます。
団長の独り言 2020.12.05

12月5日(土)「荷物満載の季節」

株式会社武翔総合管理様のご協力の元、
小道具の清掃道具が揃ってきた。

モップ、バケツ、ちり取り、デッキブラシ、
掃除中の立看板、たわし等。

全ての清掃道具が稽古場に並ぶと、
なかなか迫力がある。

で、これらの清掃グッズを平野カーに積み込むのだが、
清掃具グッズ以外にも、仮テーブル、丸椅子、
プラスチックケース、パンチカーペット、
あと電子ピアノもあるので、
平野カーの荷台部分は満載状態。

この満載状態に、
さらに清掃道具を入れるダストカート
(折りたたみ式)2台がプラスされるので、
2列目の後部座席も折りたたんで
収納しなきゃいけなくなる。

そうなると人間の乗るスペースは
運転席と助手席のみとなる。

まぁーこうゆう状態になるのは
いつもの事なんだけどねぇ。

そうだなぁー
公演グッズを積んでいない期間っていったら、
年間を通して2か月程度じゃないかな?

いっその事、
平野カーをハイエースとかキャラバンとか
4ナンバーの商業車にしようかとも
何度となく思ったものだが、
それでもやはり乗用車での
長距離ドライブは楽しみたいので、
結局、乗用車を乗り継いでいる。

ただ乗用車とはいえども、
荷室が広くて、積載力のある車ってのが、
選ぶ基準の第一番目。(もちろん値段ありき!)

だからいざ購入という事になれば、
車屋さんにメジャーを持参して、
まずハッチを開け、後部座席を倒し、
どれほどの荷物が乗るのか?をチェックする。

その次にチェックするのが、
最低でも7人以上の人間がキチンと乗車できるかって事。

大人数が乗れる車だと、
劇団メンバーと共に色々と移動する際や、
本番前後に劇団倉庫等に行く時もすごく便利なのですよ。

でも実は8月まで乗っていた車って、
5人しか乗れなかったんだよね・・・。

ずっとワンボックスを乗り継いでいたのに、
何故か硬派なアウトドアの車を
選んでしまいましてねぇ・・・。

決め手は荷室の広さと、
見かけによらない予想を裏切る乗りやすさと、
営業マンの腕かな?

6年ほど前、つい購入してしまったのだが、
その車も走行距離が10万キロを超えたし、
キングオブ・オフローダーなのに、
本来の威力を発揮するオフロードなんて
一回も走った事はなく、
ずーっとなんちゃってオフローダーだったし、
アメ車特有の故障の嵐だったし、
何より5人しか乗れない車ってのは、
やはり劇団にとってかなり不便だったしね。

そろそろ買い替え時かなぁ?って思って、
色々なディーラーにて下取りの見積もりをしてもらうと、
予想以上の金額で取ってくれるとの事だったので、
選びに選んだ結果、一見コンパクトに見えるのに、
7人乗りでシートアレンジ次第で荷室がとっても広くなり、
しかも、乗り心地やエンジンのフィーリングの良い車を
購入したのです。(もちろん!まずは値段ありき!!)

理想としては、劇団でハイエースを所有し、
プライベート用に荷室の広さを重視しない
例えばスポーツタイプの車を持ちたいところなのだが、
さすがに劇団で車を持つなんて事は今の時点で厳しいし、
平野家で2台の車を維持するってのはもっと厳しい・・・。

そんなわけで現在の車は、
私の厳しい荷室検査に合格した車なので
「えっ!こんなに荷物が載るの?」
ってくらいの荷物が載っているのだ。

今回はプロ仕様の清掃グッズ満載なので、
ちょいと窓越しに車内を見れば、
どっから見ても「清掃業者」に見える。

その前の芝居の時は、
えーっとアンプにピアノにあれにこれに・・・
ゴチャゴチャ積んでいたし、
その前も色々なモノをゴチャゴチャ積んでいたし・・・

一体平野さんってなんのお仕事されているのだろう?
って、お隣に駐車している人は思っているかもしれない。

中のゴチャゴチャが見えないように
真っ黒なフィルムを窓に貼ろうかとも思うのだが、
いつも「そのうち」って思い続けて早22年・・・。
あっ!でもそのうち貼ります。

そういえばチケットの発売開始となった。
ありがたい事に、発売と同時にネットからの
お申込みが結構ありまして、
特に今回は共催して下さるキスポート財団様のご協力の元、
港区内の小・中学校の児童、生徒の皆さんに
お配りしたチラシをご覧になった皆様からのご予約が
発売開始と同時に相次ぐ。

コロナ禍の中、
こうしてご予約していただけるというのは、
本当にありがたい。

皆様からのチケットお申込みが
我々のエネルギーとなり、
チケットを購入して下さるという事への
責任の重さを噛みしめつつ、
妥協しない稽古を繰り広げるのでした。