Page38 –「すべてはお客様の笑顔のために!」


『団長の独り言』PDFファイル(A4サイズ)
↓ こちらからダウンロードできます。
団長の独り言 2020.12.20

12月20日(日)「すべてはお客様の笑顔のために!」

清掃員達のユニフォームが届いた。
以前、「団長の独り言」でお伝えしたように、
清掃員役のメンバー達が、
選びに選んだ色のユニフォームだ。
(「11月28日【土】ユニフォーム決定」参照)

早速着替えてもらうと!
いいじゃないのぉ!色もバッチリだね。
パステルグリーンになるのかな?
押しが強くなく、爽やかで清潔感溢れる素敵な色。
この色で正解!正解!

左の胸元には、
清掃道具一式にユニフォームを提供して下さった
武翔総合管理様のロゴマークがカッコ良く付く。

衣裳姿の皆さんを見ているだけで
ワクワクしてくるよねぇー
衣裳の力はやっぱり凄い!

そういえば、チラシのイラスト画の
クリーンキーパー達が着ているユニフォームも
グリーン系。

イラストを描いて下さったK‐OZAWAさんに
イラストをお願いした今年の4月頃の時点では、
ユニフォームの色はまだ決めていなかったし、
当然、K‐OZAWAさんに
色の指定も行っていなかったのに!

先日のユニフォームの「色選考会」でも、
チラシがグリーン系だからという事を
意識せず選んだはずなのに!

偶然にもチラシのイラストと同系のグリーンとは!

K‐OZAWAさん、すごいなぁー
我々がグリーン系のユニフォームを
着るであろうってところまで想像して
描いて下さっていたんだねぇ。
さすが、脚本を読み込んで下さって
いるだけはある。

何はともあれ
折角ユニフォームが揃ったのだから、
昨日今日の2日間は、前半後半に分け、
通しての稽古を行ってみることにした。

まず昨日行った前半の部分通し稽古。
この前半部分というのは、
プロローグから本編に入り、物語の核心に
向かっていくってところまでなんだけど、

これまでの抜き稽古では、
皆さんが得意とする場面ばかりなので、
安心して観ていられるだろうと思いきや・・・

テンポは最悪・・・
セリフのボリュームも小さい・・・
そのうえ、
なんだか余計な芝居がやたら目につく・・・

こりゃー大変だ!
やっぱり通してみなきゃ分からないね。

そこで、遠慮なくダメを出させてもらい、
休憩後、もう一度前半部分を通すと、
今度はキチンとダメが通り、
芝居全体が引き締まって、
これなら大丈夫かな?って
レベルに達したのでホッ!とする。

しかし・・・
今日の稽古で後半部分を通してみると、
すさまじくひどい芝居の連続。

よほど途中で止めようかとも思ったけれど、
グッと堪えて、なんとかエンディングまで
持っていった。

勿論、私がとやかく言うまでもなく、
各自が「こんなはずじゃないのに・・」ってのは
重々感じているはずなので、
各役者への細かいダメ出しは省略し、

特に気になった箇所のみ、
丁寧に説明を交えながらダメを出していく。

あと・・・改善しなきゃいけないのが、
舞台セットの大転換があるシーンでの
「衣裳の早替え」。

私の演出プランでは、
アマティーが奏でるピアノ演奏が終わって幕が開くと、
「着替え」を終えた役者達が
スタンバイしなきゃいけない。

それなのに、今日の後半部分の通し稽古では、
ピアノ演奏が終わって次のシーンとなっても、
だーれもスタンバイ出来ていない。

これには参った。

そこで、
「ここでの大転換の所要時間は30秒!
それまでに全員着替えてスタンバイ!」

という事を伝え、
「早く着替える!」って事をちゃんと意識してもらい、
休憩後、再度後半部分を通してみると、
皆さん色々と工夫をしたようで、
見違えるほど早く着替える事が出来て、
ピアノ演奏が終わる前に、
全員がスタンバイしていた。

休憩後の芝居そのものは、
「こんなはずじゃないのに・・」を
自覚しているメンバー達が、
その部分をキチンと修正し、
具体的なダメを出されたメンバーも、

「そうそう!それ!」

という芝居を見せてくれて、
2回目の後半部分の通し稽古も、
なんとなーく観られるようにはなったけれど、
あともう一声だなぁ。

集中力を途切れさせないようにしなきゃね。

とにかく本番まであと1か月。
毎週2回しか稽古が出来ないのだから、
稽古回数は・・・おおお!あと数回ですわ。

三井さんから舞台図面も送られてきて、
ボイスエマノンさんによる
音声ガイド収録の日程も決まり、
受付リーダー達による
第1回目の打ち合わせも行なわれ、
制作的な事は着々と進んでいる。

年末年始もバッチリ稽古を行うし、
年明けからは昼夜稽古に突入する!

体力維持と感染予防と精神的な安定と、
あとはみんな仲良く!元気よく!

このコロナ禍の中、お越しいただくお客様が
元気になっていただくお芝居を
絶対に完成させてみせますよぉ!