作成者別アーカイブ: 劇団ふぁんハウス

Page24 – 「夢めぐり 〜場当たり・舞台裏〜」

8月2日(木) 「夢めぐり 〜場当たり・舞台裏〜」

写真は、34回公演「夢めぐり」のダイジェスト(縮小版)。
34回ダイジェスト (2)

「夢めぐり」、
本番前の場当たり、
舞台裏の様子をお届けいたします。

場当たりは、音響、照明、転換などの
キッカケを中心に行います。

舞台監督の高橋さんの指揮の下、進められていきます。
-400 写真 2018-08-02 20 04 02.jpg-400
団長は後ろの席から、全体を見ます。
写真 2018-08-02 20 53 44.jpg-400 134a-400
照明の土門さん、音響の野中さん。
写真 2018-08-02 20 04 19.jpg-400 写真 2018-08-02 20 20 49 (1).jpg-400

客席。
写真 2018-08-02 19 27 35.jpg-400 写真 2018-08-02 19 35 40.jpg-400
笑顔のアマティーと美和ちゃん。
写真 2018-08-02 19 27 23.jpg-400 132a-400

素敵な舞台セット。
縁側の下にある草や、サンダルもリアル。
写真 2018-08-02 19 48 52.jpg-400 写真 2018-08-02 20 11 55.jpg-400
写真 2018-08-02 19 49 02.jpg-400 139a-400
小道具もリアル。
カレンダーもその時のものかえています。
気付かれましたか?
138a-400 99a-400

転換が複雑なシーンは、
限られた時間の中で何度も確認。
写真 2018-08-02 20 19 13.jpg-400 写真 2018-08-02 20 20 03.jpg-400
写真 2018-08-02 20 20 38.jpg-400
124a-400 123a-400
118a-400 129a-400

写真 2018-08-02 19 52 04.jpg-400 写真 2018-08-02 19 35 45.jpg-400
写真 2018-08-02 20 03 38.jpg-400 113a-400
130a-400 133a-400
131a-400 126a-400

調整室の照明さん、音響さん。
169a-400 165a-400
164a-400 161a-400
159a-400 163a-400

高橋さん、カメラ目線で目ヂカラ。
145a-400 146a-400
竹内さん、ひっそりと大気中。
143a-400 135a-400

皆へ指示を出す団長。
156a-400 155a-400
作業を終え、「よろしくお願いします!」
157a-400 158a-400

Page24 –「場当たり」

『団長の独り言』PDFファイル(A4サイズ)
↓ こちらからダウンロードできます。
団長の独り言 2018.08.02-05 その2

「場当たり」

19時、場当たりが始まった。

場当たりというのは、
建ち上がったセットを使って、
実際の照明、音響を入れた状態で
舞台転換を行い、
問題点はないか?をみたり、

場面場面での照明、
音響のチェックもする作業の事で、
役者の立ち位置 等をキチンと決めるのも、
この場当たりで行う。

これまで稽古場では
「良し」としてきた動きなども、
実際のセットの中で実際の照明が当たると、
「あれ?」ってなる事もあり、
そういう箇所も、
細かくチェックしていくのだ。

幕開き、シーン1は問題なかったのだが、
シーン2からシーン3にかけて、
暗闇での転換(暗転)中に、
早速ハプニングが起きた。

鈴木千秋演じる「百合子」が
場面終わりのセリフ
「田舎に帰ってきてよかったぁ」と
言って暗転になり、
舞台上にいた役者達が暗い中退場している時、
舞台セットの奥で「ドスン!」という
物音がした。

客席の1番後ろに座って、
チェックしていた私は
「何かあったな!」と思った瞬間、

暗闇の中から睦子さんの
緊急事態を告げる

「すみません、
ちょっと止めてください!」

という声が響き渡る。

すぐ様、照明さんが明かりをつけると、

ある役者が舞台セットの奥に行った時、
足を滑らせて落っこちてしまっていた。

腰を打ったものの、
幸いにして大事には至らなかったけれど、
稽古場では考えられない事が
起こるのが実際の舞台ってもの。

対応策として、
舞台裏に小さな明かりを付け加えたが、
セットが建ち上がった時点で、
役者自身による確認作業も大切なのだと、
あらためて実感する出来事だった。

それでも転落事故って起こるから、

「舞台上には危険がいっぱい」

という認識でいなきゃいけない。

そのハプニングのあと、
暫く順調に場当たりは進んでいったのだが、
「監督」と「百合子」のシーンや、
「喫茶スコット」、「居酒屋門出」のシーンと、
舞台前で行うすべてのシーンの転換作業が、
多少手こずる。

まぁーここはね、予測はしていたけどね。

だって稽古場でうまくいっても、
実際のステージと稽古場では
環境も広さも明るさも、
何もかも全然違うわけで、

そんな中で大きなテーブルとか
椅子とか出して、
しかも決められた場所に
音もなく静かにセットを
出さなきゃいけないのだから、
不慣れな舞台スタッフ達が、
一発でうまくいくはずがない。

それでも舞台監督の高橋さんや、
私の経験から、

「稽古通りではダメ」
「じゃーどうすればいいか?」
を瞬時に考え、修正し、
二度ほどやり直せば、
スムーズに転換も出来るようになる。

あとは、
「20年前」「1年後」等のテロップを
出すタイミング を何度か確認して、
プロジェクター担当者の操作練習も行う。

このように、
稽古場では絶対に出来ない作業を
行うのが場当たりでして、

これらの作業を
キチンと確認しとかなければ、
とんでもない事になる。

だからどのスタッフさんも(私も)、
時間と戦いながら、真剣そのもの。

そんな劇団ふぁんハウスの
スタッフ軍団の方々は、
私の突然の要望に対しても、
「出来ません」「それは無理だねぇー」
とは絶対に言わない。

そこがプロなんだよねぇ。

中途半端な人に限って、
要望やダ メを出すと、
「出来ない理由」を羅列して、
「出来る理由」は探そうとしない。

それは役者でもそう。
ダメを出せば必ず眉間にシワを寄せて、
「でも・しかし・だって」を連発し、
演出家と議論するのが
役者の務めとばかりに、
貴重な稽古時間を無駄にする。

演出家の三谷幸喜さんが
言っていたけれど、

鹿賀丈史さんや市村正親さんを
演出した際、ダメを出しても、
三谷さんが恐縮するくらい、

「はい」とだけ言って、
「でも」「しかし」「だって」は、
一切言わなかったそうだ。

同じような事は、
山崎努さんもおっしゃっていたし、

私が名だたる名優の方と、
同じ現場でお仕事をさせていただいた時も、
演出や監督のダメ出しに、
いちいち意見を言う役者さんは見た事がない。

本当に出来る人は、
やって見せて、演出家を納得させるもの。

常にしかめっ面で演出家と議論して、
それで演出家を打ち負かそうとして、
一体、何になるんだろう・・・。

周りにいるみんなが
嫌な気持ちになるだけなのに。

あっ!すみません。
なんだか話が大きく脱線してしまった。

もちろん、
今回の劇団ふぁんハウスには
そんな役者もスタッフも一人もおりません。

緊張感は当然ながらあるものの、
それぞれがそれぞれを信頼し、
そして明るく楽しく、
みんなが「大人」な対応で、
嫌な空気には一切ならず進んでいくが

21時、退館時間となりタイムアウト。

続きは明日の初日の朝行い、
そしてゲネプロ(リハーサル)、
本番と、慌ただしくも
緊張する日を迎えるのでありました。

第22回公演 – 「夏の夜空へ」アンケート結果

第22回公演 – 「夏の夜空へ」アンケート結果

今の日本、景気が悪いと言うだけではなく、
何か心を忘れたような暗い事件が多いと思います。
そんな中でこういうストーリーのお芝居を見る事が出来て、
日本も日本人もまだまだ捨てたものではないなと感動しました。
前回の「門出食堂」から見せてもらってますが、
更に印象的、パワーアップしていました。
後半はずっと涙ウルウルでした。
最後ハッピーエンドで、
人は各自の持ち場で懸命に生きているんだよという
思いが溢れる展開で良かった。
あと、出演者の皆さんの声や発音がとても良くて、
聞き取りやすくてそれも良かった。
2012年の夏のいい思い出が出来ました。
また観させていただきます。(41歳・男性)

笑いに涙ありの素敵な公演でした。(39歳・男性)

今回の作品は、いつも以上に笑いのポイントが多くて、客席から何度も
笑い声が聞こえてきました。
ユニークな展開に、お客さんがひとつになって、
楽しんでいたように感じました。
これって、とても素敵なことだと思います!
平野さんが演じた宿のご主人が、具合の悪い中、再建に向けて頑張っているお姿も、
迫真の演技で、思わず息をのんでしまいました。
今回も出演者全員がひとつになって、この作品を作り上げていることを
強く感じました。
同伴した二名も、大変喜んでおりました。
また次回も楽しみにしています。
どうもありがとうございました。
(28歳・女性)

ホテル、旅館業界の不況は、都会から地方にかけて、下降線をたどっている。
努力、工夫を重ねても、改善しないのだが実状です。
単なるアイディアでは好転は無理で、意識改革と過去を忘却、新たなる発想に
より見えなかったものが見え、感じられなかった事が感じられる。
その上で、一歩一歩前へ進む。
時間はかかるが、気が付いたら変化している。
苦しいのは自分だけでない。
皆苦しいのに無理に苦しくない振りをして生きているのが現代です。
諦めない希望と勇気を持って行動する・・まさに平野団長の生き方に、
信頼と和を持って一致協力する団員の皆様の集大成が、
「ふぁんハウス」ファンや観客を一体化している様に感じました。
益々の発展を願ってやみません。
(81歳・男性)

鈴木さん(田中里美役/バレエやってました?)、
美和さん(元気君役)、アキラさん役の方の
芝居が好きでした。
雄大くん、化けすぎで客観的にみれないです(笑)
もっと化けて(笑)
希望を感じました!!
それで充分なんだと思います。
皆さんお疲れ様でした♪
(34歳・男性)

今回もとても感動しました。
親子で拝見いたしました。
次回を楽しみにしております。
(64歳・28歳 男女)

最初はハチャメチャな感じもありましたが、
後半は感動しました。

毎年、楽しませていただいてます。

話が進むにつれて、どんどん面白くなってきて、
観ていてあきませんでした。
とても素晴らしい舞台をありがとうございました。

良かったです。
ありがとうございました♪

生きる希望をくれた、いい作品でした。
ピアノも良かった。
(女性)

感動しました!!本当に!!

感激しました。
ストーリー・演技とも素晴らしい。
一生懸命やることの大切さを感じました。

元気君が良かった。
(女性)

大変素晴らしい劇でした。
ありがとうございました。
(60歳・女性)

良かったです!!

感動的な公演でした。
ありがとうございました。
次回公演も楽しみにしております。
皆様、お体大切にがんばってください。
(41歳・女性)

“一生懸命”
そして“夢をあきらめないで”
ありがとうございました。
セリフが少しどなりがちなのが気になりました。
客席に納得いくような深みのある、
心のあるセリフになるといいですね。
でも素晴らしい内容!!
良かったです。
(61歳・女性)

5年前よりパワーアップして、
大変おもしろかったです。
毎度のふぁんハウス節に元気をもらいます。
明日からの活力にします。
新作、楽しみにしています。
(31歳・男性)

星空を見たくなりました。
素敵な時間をありがとうございました。
(35歳・女性)

皆さんが一所懸命やっていて、
見ていて気持ちが良かったです。
それが客席にいても伝わり、心が温かくなりました。
平野さんの随所に笑いをちりばめた脚本も
ステキでした。
今後のご活躍も楽しみにしています。
ベテランの方々の演技もますます上手になっていました。
(女性)

元気をいただきました。
ありがとうございます!!

すばらしかったです。
感動の涙を抑えるのに苦労しました。
心あたたまるお話、お芝居、
いつもありがとうございます。
(64歳・女性)

それぞれ個性のある役柄で楽しみました。
それに元気をもらいました!!
また機会があれば見たいと思いました。
(66歳・女性)

舞台のセットもしっかり作られていて、
感心しました。暗転もしっかりしていたので、
たいへん見やすかったです。
また機会があれば観に来たいと思います。
(46歳・男性)

前回も「夏の夜空へ」を見ましたが、
またまたバージョンアップして
たいへん素敵でした。
心にじんじん「一生懸命」のメッセージが
伝わってきました。
皆さん熱演でしたが、美和さんの素晴らしかったこと。
感動です。拍手!拍手!
また、楽しみにしています。
(64歳・女性)

子供と来ました。近くで見ることができ、
とても楽しかったです。
また来ます。

今回の公演も良かったです。
宇宙人のかっこうも楽しそうで、面白かったです。
また、次も楽しみにしています。
観に来ますね。
(59歳・女性)

何度か拝見してますが、今回のテーマが一番良かったです。
人の情と純粋な気持ちと、広い星空で
忘れかけていた、夢を持っていた、やさしい心を取り戻せた。
夏の星空をながめにプラッと出かけてみたくなりました。
コスプレの従業員は?
(女性)

まさか泣いてしまうとは思いませんでした。
前半のテンションの高さからは考えられませんでした(笑)
夜空のシーンでは声が響いて、照明もステキで、
ロマンチックでした。
最後の逮捕時に電話が鳴り響く、
アイスウーマンと元気君のシーンが好きです。
木山さんとアイスウーマンが、
正体がバレそうなのに、滞在するしないでもめるところは
切迫していて本当に素晴らしかったです。

4月で60歳になりました。
これからも一生懸命頑張って元気に過ごして
いきたいと思います。
「夏の夜空へ」大変良かったです。
ありがとうございました。
(60歳・女性)

とても楽しかったです。
(23歳・女性)

たくさん笑えて、ホロッとさせられるところもあって、
とても素敵な劇でした。
キャスト一人一人のキャラクターが魅力的で、
引きこまれました。
最後の歌と、ピアノとトランペットの生演奏も素晴らしかったです。
また観に行きます。
これからも頑張ってください!!
(23歳・女性)

とても素敵なお話で、こころがあたたまりました。
どうもありがとうございました。
また観に来たいと思います。

山下さん、子役の子、だまされた男の人の
キャラが良かったです。
じーんときました。

おつかれさまでした。
温かい作品で良かったです。
先生の声が好きでした。
林さんもパーッと明るくて良かったです。
(女性)

しんちゃんの演技良かったです!
最初の一声で劇の幕あけが、
いい感じになったと思います。
話の内容も面白かったです。
元気の演技が素晴らしかったです。
実は女の子だったことを、
終わった後に知って驚きました。
これからも皆さん、
頑張ってください!!!
(女性)

すごく感動しました。
しんちゃん、とても面白かったです。
生演奏、素晴らしかったです。
(女性)

一言一言、演劇なのに本当にその人が
そういう感情を持って話しているみたいで、
涙がやばかったです。
(13歳・女性)

まっすぐな心で生きていくこと、
どんな夢もあきらめないことの
大切さを実感しました。
(32歳・男性)

次回は黒澤くんの出演回数を増やしてほしいです。

涙をさそわれて
思わず号泣しちゃいました。
ほんわりとあたたかで、
もう一回見たいー!
(13歳・女性)

皆様の熱意が伝わり、
最後まで楽しく拝見させていただきました。
ありがとうございました。

テーマが良かったです。
スタートからずっと間に流れる
ピアノ、トランペットの生演奏が
とてもステキでした。
元気くん役、女の人だったんですね。
とてもうまかったです。

みわちゃん、かっこよかった!good!!
キャストが別の人でもう一回見てみたい。
(13歳・女性)

一人一人の演技に力がこもっていて、
素敵でした。
平野さん、五味さんの生演奏が
また劇に彩りを添えていましたね。
一生懸命を体現していましたね。

千秋ちゃん、すごく面白かったです!(笑)
有り難く楽しみに毎回拝見させていただいておりますが、
その度ごとに千秋ちゃんすごーくステキ!輝いて
今回もステキでした。
今回はコミカル?というのか、
とにかく面白かったです!!最高に笑った!!
また「強烈な女」を次回とかやってほしいです!
クセがある女というか、毒のある女を、
「謎の女」ものをやっていただけたら~と
リクエストしちゃいます。
千秋ちゃんのすばらしい歌声、涙でました。
次回、これからも楽しみに応援させていただきます!
体に気をつけて頑張ってください!
あらためて、今日もありがとうございました。
皆様、ありがとうございました。
(35歳・女性)

夢、目標の大切さを感じた公演でした。
ありがとう。

今回が一番泣きました!!
映画、ドラマ、芝居は人生に似ていますが、
人生は映画や、ドラマ、芝居とは似ていません。
気持ちや真心をいつも感じます。
明日への活力をありがとうございます!!
(44歳・女性)

へんてこ楽しくて、最後は泣いちゃいました。
そういえば、主婦の私にも夢があったような気がする。
(41歳・女性)

全員熱演で、感激しました。
(女性)

内容はとても楽しく拝見できました。
衣裳も楽しかったです。
(64歳・女性)

とてもアットホームな感じで、
楽しませていただきました。
色々な人の視点から話が進行したので、
全部を見てやっと話がつながってきたと感じました。

ものすごくたのしかったです。
またみたいです。
心にのこりました。
ステキでした。
元気がでました。
(7歳・女子)

子供と初めて見ました。
子供にも分かりやすいお話で、
内容も良かったです。心あたたまりました。
“一生懸命”いい言葉ですね。
私も大好きです。
元気君、上手ですね。ステキでした。
(46歳・女性)

健常者ですが、ラジオ持参で来ました。
MAXの状態で(音声ガイドの)音量・ナレーションが
小さいような気がしました。
とても楽しい内容で楽しめました。
(45歳・女性)

演出と筋書がとても良かった。
思わず、入り込んで涙してしまいました。
音声ガイドの音が大きければ有り難かったです。
(58歳・女性)

本当に涙あり、笑いあり。
(46歳・男性)

生のBGMはすごく良かったです。
ストーリーが心にしみて、じーんとしました。
今も、うるうるしています。
ありがとうございました。
(女性)

中学校のクラブ(演劇)を思い出した。
元気君がかわいかったです。
(20歳・男性)

子供と一緒に見させていただき、
ありがとうございました。
最後、涙がでました。
(55歳・男性)

初見でしたが、とても面白い内容でした。
コミカルな役が多くて、楽しませてもらいました。
詐欺師役のお姉さんが、見事な迫力で
すごいと思いました。
「一生懸命」これ大事ですね。
自分も商売をやっているので、
もう一度考えてみたいです。
何か大事なものを思い出した気がします。

女性が目立っていてよかった。

本日はありがとうございました。
表現をすることの素晴らしさを今回も感じました。
役者が出来ることを尊敬しております。
「一生懸命」大切なことですね。

舞台背景も良いし、飽きずに楽しく観られた。
半年に一回の公演でなく、もう少し数多くやっても良い。
(男性)

とても楽しい時間をありがとうございました。
そして最後に涙がポロッと。
心温まるお芝居でした。
生演奏もとても素晴らしかった!!
次回はみんなで来たいです。
P.S. 本当の星空に見えました…。
(46歳・女性)

ウッシー(牛迫)と三田さんがおもしろかった。
三田さんのキャラが立っててとても良いです。

演技全体から楽しさが伝わってくる、
良い公演だったと思います。
2時間ダレることもなく堪能できました。
(25歳・男性)

見えなかったストーリー編成に
楽しませてもらえました。

すげえ楽しくて2時間があっという間でした!!
泣かされました!!
ありがとうございました!!
(44歳・男性)

笑いあり、涙ありの楽しい公演でした。
知人とまた来ます。

うっしーおもしろかったよ。
そして三田さんのタケちゃんマンみたいなの
一番目立ってておもしろかったです。
また来たいでーす。

初めて舞台を観させていただきましたが、
感動しました。
また機会がありましたら、是非。
元気君、ガンバレ!

とても楽しかった。
(10歳・男子)

前回の「夏の夜空へ」より
バージョンアップしていてよかった。

初めて観させてもらいました。
素晴らしい劇で感心しました。
次回を楽しみにしています。
(53歳・男性)

あまり期待していなかったけど、
すっごくよかったです。
牛迫さん、変装の名人ですね。
これからもご活躍、期待しています。
ピアノも、すごく上手でした。
(54歳・女性)

とても感動しました。
(70歳・女性)

温かなストーリーでとても良かったです。
皆様の熱演に心打たれました。
(78歳・女性)

面白かったです。
女優さんが皆さんステキでした。
牛迫さんが茶髪でびっくりしました(笑)

たのしかった。
(7歳・女子)

旅館の行く末、どうなるかと、
本当にダマされていってしまうのか…
ハラハラしました。
アイスウーマン、本当に冷たい人かと思ったけど、
子供と接して少しずつ変わっていくところが、
ほっこり感動しました。
夏に、夏の空気、あつくて、ドキドキする劇でした。

大変感動致しました。
皆さんお芝居を本当に愛していらっしゃるのが
伝わってきました。
日々一生懸命練習を重ねていらっしゃるのだと思います。
のど、腹筋の強さ 感じました。
それぞれのキャラクターが魅力的でした。
また楽しみにしています。
(女性)

「ざ・クリーンキーパー」から観ていますが、
今日の「夏の夜空へ」が一番良かったです。
皆様のますますのご活躍を
心よりお祈りしています。
暑くなりますが、皆様ご自愛くださいね。
(女性)

すばらしい作品、ありがとうございました。
健康にお気をつけて、更にご活躍ください。
「一生懸命」は大切な言葉ですね!
(53歳・女性)

ストーリーの流れも大変良く、
笑いと涙と感動をありがとうございました。
ひさしぶりに目から熱い物が流れました。
皆様、体に気をつけて、頑張って続けてください。
(55歳・男性)

とても良かったです!!
頑張って下さい。

すごくよかったです。
現実の状況を劇により表現していて
とても感動しました。
ありがとうございました。
特に子役の方はすばらしい。

2時間という時間内での
ストーリー構成が素晴らしい。
特に役にそれぞれ色があって、
しかも変化している。
特に先生の変化、客観点からは
感情移入してしまう程。
(22歳・男性)

すごいもので、もう22回も
公演されているのですね。
温泉とフランス料理と大宇宙、
そしてまちがった宇宙人!!
すごい組合せですが、ぜひ泊まってみたくなりました。
天井からのヒモは何だろうと思ってましたが、
まさか電飾とは!びっくりしました。
キャストもみなさんハマっていてよかったです。
また観に来ます。
(36歳・男性)

元気をもらいました。
ほのぼのとした雰囲気もとても気に入りました。
(47歳・男性)

若い学生さんのような方が多く見えていたので
びっくりしました。
ピアノがとても良かったです。
これからも頑張ってください。

いがいなことがあって、
とってもおもしろかったです!!
(10歳・女子)

美和ちゃんの成長が楽しみです。

皆様の熱演が大変良かったです。
また演奏者の頑張りに感激です。
頑張って下さい。

とても良いスト―リーでした。
演じる皆様、楽しみながら演じている姿を感じました。
(60歳・男性)

初めて観させていただきましたが、とても楽しめました。
また行きたいと思います。

すばらしい公演に大変感激いたしました。
ほんとうにありがとうございました。
皆々さま お疲れさま!!

皆様一人一人のお役、感動させていただきました。
ありがとうございました。
団長の独り言読んでいます。
お体大切にガンバッて下さい。
(69歳・女性)

メンバーも新しい人が出演して、
とても素晴らしかった。
ピアノ、トランペットも物語と音楽がとてもマッチしていた。
いつも楽しく、またホロっとした場面もあり、
笑いあり、演出もよかった。

皆様おつかれさまでした。
2日目ということかもしれませんが、
残念ながら小ぢんまりしたお疲れの印象のように感じました。
物語を進めるエンジンがないまま、
話が進んでいくように感じました。
上手・下手ではなく、エネルギーが低いため、
色んな演技的な意図も客席まで伝わってこないようです。
マイクの入ってない所、前半に強く感じるので、
声量やテンポによるものかもと思ったりしました。
(男性)

内容的に良い作品です。
子供たちも観賞する機会があると良いと思う。
劇団員の方々がすごくお上手になられた。

一人一人が輝いていて、とても楽しかったです。
心がホッとする内容で元気をもらいました。
(50代・女性)

前回と今回で2回目ですが、役者さんの役柄が違うはずなのに
同じ役柄に見えました。
今回もピアノのアマティアズさんの伴奏とてもよかったです。
最後のシーンは感動しました。
子役の子の女の子役も見たいような気もします。
とてもステキな演技をありがとうございます。
(女性)

最後の「見上げてごらん夜の星を」が良かったです。

美和ちゃん、感動でした!!
ここのところ元気をなくしていたので元気くんに元気をもらいました。
ありがとう!!
(女性)

元気くんに元気をたくさんいただきました。
夏毎年楽しみにしています。
ありがとうございました。
(55歳・女性)

いつも新聞の折り込みチラシを見て気になっていました。
今回初めて公演を観る機会があって、楽しみにしていました。
話はとてもベタな内容でしたが、とても面白かったです。
役者の人も個性的で良かったです。
私はおかみさんが好きでした。
(53歳・女性)

希望と勇気をもらいました。
ありがとう!!
(44歳・女性)

今回もよかったよ。
これからもがんばってね!
(9歳・男子)

大変心温まる話でした。
生のBGMもあいまってとてもシーンシーンが印象に残りました。
特に「君がやるんだよ!」のシーンが印象的でした。
(30歳・男性)

港区の広報誌にて今回の公演を知り、観させていただきました。
お芝居を観るのは久しぶりですが、とても楽しかったです。
面白い有意義な2時間をありがとうございました。
(23歳・男性)

心温まるお話でした。
星空がきれいでした。

楽しかったです。
タケちゃんマン懐かしかったです。

心温まるストーリーでした。
悪人がいないのはいいですね。
キャラクターがどれも魅力的で、役者さんにピッタリでした。
演技もとても自然で、どの役も舞台上で”生きて”いたと思います。
映画でも見てみたいと思いつつ、満天の夜空は舞台の想像だから
また素敵なのかなとも思いました。
舞台美術も素晴らしかったです。
さすがみどりさん・・・。
(女性)

とても作品、内容も良かったです。
役者の方も上手でした。
また観てみたいと思いました!
(女性)

初めて観に来ましたが、とても楽しかったです。
みなさん、良かったです。
ストーリーも素敵でした。

面白くみさせていただきました。
宇宙人従業員役のお2人がとても味があり、
楽しかったです。

皆さんの「一生懸命」そして温かい気持ちが伝わってきました。
きっと回を重ねる毎に、
もっともっと素晴らしいものになっていくと思います。
楽しみにしています。
(女性)

少し休憩を入れてくださると良い。
(64歳・女性)

善と悪がひっくり返ったような演出に感動しました。
また、音声ガイドも良かったです。

日本で劇団の芝居を観るのが初めて、本当に感動しました。
ありがとうございます。
(30歳・男性)

とても元気をもらいました。
これからもこのような作品をよろしくお願いします!

元気君とても良かったです。
(49歳・女性)

思っていた以上にとても楽しい劇でした。
一生懸命の大切さを教えてもらいながら、
笑ったり、感動したりしながら
観させていただきました。
また観に来たいです。
ありがとうございました。

とても面白かった。
ふぁんハウスさんはハートウウォーミング
かつストーリーが解りやすくとても楽しいです。
公演中に子供が走りまわったり、携帯が鳴ったりが残念でした。
(48歳・男性)

楽しかったです。
ピアノが良かったです。
皆さん仲良さそうですね。

初めて見せて頂きましたが、大変面白かったです。
また、ぜひ観に来ます!!
(46歳・女性)

前回に引き続き大変良かったです。

大変大変よかったです。
感動しました。
ありがとう。
子役が大変すばらしい。

みなさんお疲れ様です。
ありがとうございました。
(男性・32歳)

面白かった。
セリフが多くて途中、つらい時があった。

みなさんとても上手ですばらしい。

最初はどうなるのかと思いましたが、
ハッピーエンドで良かったです。
一生懸命という言葉が久しぶりに心に響きました。
ありがとうございました。

“一生懸命”と“シビレるぅぅ!!”が頭に残ってます(笑)
お疲れ様でした。
元・演劇部の私としてはまたやりたくなるような刺激で
今、ウズウズしてます・・・
皆さん声質も良いですね!声優も夢じゃない!!
千秋楽までおケガされないようにしてくださいね!
楽しい時間をありがとうございました。
(女性)

とてもとても良かったです。
ひきこまれてしまいました。
星座が大好きなので更にうれしかったです。
(40歳・女性)

初めて公演を観させて頂きました。
噂はかねがねお聞きしていましたが、
感動とウィットに富んだ芝居を観せて頂いて来て良かったです。
(女性)

笑いあり、感動あり、良かったです。
(34歳・男性)

とても面白かったです。
一人一人に個性が出ていてよかった。
途中のアラームが気になりました。
ピアノ最高でした!

とても素敵なお話で赤坂まで行って良かったぁ。
物語ですが、クスっとしてしまう笑いを含めながら、
この後どうなってしまうのかな?
つかまってしまうのかな?ハッピーエンドだとしても、
どうなるのかな…と、
田中里美と元気の交流、初めて2人で星を見に行くシーンで、
私は早々に涙が出てしまいました。
この子から、例え詐欺師だとしても、この大人を奪わないでほしい…って。
開きはじめた心が大事ですから。
ホッとできる相手、場所、それが大切なんです。と、しみじみ…。
でも、このお芝居で一番好きなシーンは、
田中里美VS木原智代のシーンです。
1度目も2度目も好きです。
智代の気持ちは、男性陣が口にしてた嫉妬とは別物の嫉妬です。
お金とか、そんな物に対するものじゃないですよ。
友情とも愛情とも、家族愛ともビミョーに違う、
おさななじみの良ちゃんがとっても大事で、
自分の生まれ育った温泉街に誇りがあって、
それで、なんですよね。
コンサルタントを一度断られたという理由や、
大学が一緒だから知人かも…とか、
そういった思いもあったかもしれないけれど、
大事な人を守りたい、大事な場所を守りたい、
その一心だっ気がします。
一方、田中里美にも夢、プライドがありますし、
あの2人の戦いは気迫が感じられて、
大好きなシーンです!!
帰りに少しだけ、大村由里乃さんとお話しさせていただきました。
大村さんの笑顔と演技、好きです。
すーっごく安心感があって、ホッとします。
そこに居るだけでいいって感じ。いや、ホントに。
アマティアズさんのピアノ、
私、アマティアズさんにラテンな曲を弾いてもらいたいです!!
熱くて切なくなるそんな曲を。きっと、素敵です!!
皆様、健康第一、カゼひかず、
これからもがんばってくださいーい!!
(女性)

第22回公演 – 「夏の夜空へ」

【特別共催】 Kissポート財団
【後援】 朝日新聞ASA南成増 ASA練馬北町 ASA光が丘 ASA板橋

 劇団ふぁんハウス第22回公演

 夏の夜空へ

 作・演出 平野 恒雄

劇団ふぁんハウス第22回公演『夏の夜空へ』チラシ

2012年7月20日(金)~22日(日)
開演時間 ▼
20日(金)午後7時
21日(土)午後2時
22日(日)午後2時
(受付開始は開演の1時間前です)
(開場は開演の30分前です)

場所 ▼
赤坂コミュニティぷらざ内 赤坂区民センター


東京メトロ 銀座線・丸の内線 赤坂見附駅 A出口 徒歩8分


東京メトロ 銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線


青山一丁目駅 4番出口 徒歩10分

※駐車場はございません。

地図

チケット について
≪料金≫
●大   人…2,500円(前売・当日とも)
●中学生以下…1,500円(前売・当日とも)
特別割引
●特割・大  人…2,000円(前売・当日とも)
●特割・中学生…1,000円(前売・当日とも)
●特割・小学生…無料


(港区在勤・在学・在住のかた、または障害者手帳をお持ちのかた)

※証明となるもの(免許証・保険証・社員証・障害者手帳等)をご持参ください。

※全席自由席です。
※未就学児のご入場はご遠慮いただいております。

チケットの販売開始は、4月20日予定です。
劇団ホームページに専用コーナーを設けますので、そちらからお申込みください。
または、港区キスポート財団のホームページからもご購入できます。
今しばらくお待ちください。

 あらすじ

赤字経営で倒産寸前の山間の寂れた温泉宿「旅館・希望の星」。
昔は温泉も出ていたのだが、今じゃその温泉もかれてしまい・・・
隣町の巨大リゾート「大和温泉郷」にお客を取られるばかり。
しかも社長も従業員もまるでやる気がない。

そこへ謎だらけの経営コンサルティング会社の女社長が現れる!?

思いっきり笑って最後はホロリ・・・。
夢!勇気!元気!のいっぱい詰まった平野作品、
どうぞお楽しみに!!
バリアフリー観劇サポート
劇団ふぁんハウスでは、障がいをお持ちのお客様にもお楽しみいただけるよう、
さまざまなサポートをおこなっています。
音声ガイド
視覚に障がいのあるかたへ音声ガイドを導入いたします。
ご利用のかたは、イヤフォン付きFMラジオをご持参のうえ、
開演の15分前までにご来場ください。
ガイドヘルプ
赤坂見附駅から劇場まで、ガイドヘルパーがご案内いたします。
ご希望のかたは開演30分前までに東京メトロ赤坂見附駅改札前
お集まりください。
台本レンタル
聴覚に障がいのあるかたへ台本をレンタルいたします。
ご利用のかたは、公演の1週間前までに劇団ふぁんハウス事務局へお申し込みください。

Page23 – 「夢めぐり 大成功! 〜仕込み編〜」

8月2日(木) 「夢めぐり 大成功! 〜仕込み編〜」

8月3日(金)〜5日(日)
麻布区民センター 区民ホールにて行った、
劇団ふぁんハウス 創立20周年記念第34回公演
「夢めぐり」は、たくさんのお客様にご来場いただき、
大成功を収めることができました。
ありがとうございました!

集合写真「劇団ふぁんハウス 創立20周年記念 第34回公演 夢めぐり 2018年8月3日(金)~5日(日) 麻布区民センター 区民ホール

それでは、公演の様子を写真で振り返りましょう。

【8月2日(木) 仕込み編】

早朝、倉庫での積み込みを終え、
搬入車両が劇場に到着!

なにもない劇場に道具類を運び込みます。
舞台監督の高橋さんの指揮の下、
美術の三井さんを中心に舞台セットを作っていきます。
IMG_0358-400 IMG_0355-400
IMG_0352-400 IMG_0361-400
IMG_0351-400

照明機材を吊るしたり、
準備していく照明の土門さんたち。
IMG_0354-400 IMG_0353-400

その間、女性陣を中心に
楽屋でパンフなどの挟み込み作業をしています。
IMG_0368-400 IMG_0367-400

アマティーと睦子さんは、点字パンフの準備。
竹内さんはけいちゃんと、パンフの挟み込み作業。
IMG_0366-400 IMG_0371-400「
みんな手際がいい。
IMG_0369-400 IMG_0370-400

受付周りは、けいちゃんを中心に準備。
IMG_0364-400 IMG_0363-400
20周年記念とのお祝い&成功祈念にと
いただいた千羽鶴がかわいい。
IMG_0362-400

そうこうしているうちに、
とっても素敵な舞台セットが完成したようです!
IMG_0376-400 IMG_0374-400
IMG_0393

舞台が完成し、
今度は格納されていた座席が自動で出てきます!
音響の野中さんがサウンドチェックのため、
音楽を流していたこともあり、
まるで遊園地か何かのアトラクション!
IMG_0379-400 IMG_0380-400
IMG_0382-400
座席が完全にだだきたところで、
「1番!」と言って座る竹内さん!
実は一番後ろの席で先に座っていた ササミカちゃん。
竹内さんは思わずズッコケていました(笑)
IMG_0384-400 IMG_0386-400

仕込み、順当に進んでおります!

第34回公演 -「夢めぐり」 アンケート結果

副音声のガイドが、必要な部分に程よく入っていて、
非常に聞き取りやすくて良かったです。
また、イヤホンが途中で外れてしまったときにも
素早くスタッフの方がいらして、
直してくださったことも感謝です。
毎回ですが、今回は特に暑い中を
最寄り駅から誘導していただき、
ありがとうございました。
ストーリーの中身も、
百合子がすぐに女優として生計が立てられなくて、
一生懸命にバイトと掛け持ちしながら
女優の道を諦めきれずに格闘していく姿勢に
とても感動させられました。
また観に伺いますので、
今後ともよろしくお願いします。
(女性)

素敵な演劇を観ることが出来、楽しいひと時を
過ごさせていただき、ありがとうございました。
テレビと違い、間近に見る生の演技は、
とても迫力を感じました。
家族の人間模様が上手く描かれていて、
特に家族みんなを自然に巧みにまとておられる
母親の姿はステキでした。
(90歳・男性)

2時間はやや長い感あり。
あの劇場の規模なら
発声はおさえめでもいいと思いました。
(70代・男性)

初日の観劇は今回がはじめてでした。
緊張感が伝わってくる役者さんもいらしたような。
(60代・女性)

母親役の人の存在感はスゴイ!!
声・動き・キラキラシルバーヘアもステキでした。
(50代・女性)

いつも心地よい涙と感動の時間を
ありがとうございました。
倒れたあと、足の甲をキュッと曲げて、
よく歩けましたね。
(変なところをみていたものです)
(70代・男性)

役者の皆さんはセリフも多くて
練習も長い期間されたのでは?
3日間だけではもったいない気がしました。
一緒に観た友人も良かった!と
喜んでいました
(70代・女性)

私も主人公と同じような人生なので、
とても他人事とは思えませんでした。
明日、オーストラリアに住んでいる両親に、
久しぶりに電話しようかと思いました。
(50代・女性)

皆さん、凄いですね~!
良かったです!楽しかったです!
次がまた楽しみです!
(70代・女性)

母親役が舞台を引き締めていました。
素顔もこんな女性なんでしょうか?
(40代・男性)

劇団ふぁんハウスの芝居を観るのが
友人と私の年中行事です。
毎回心温かく残ります。
皆さまの元気パワーをいっぱいもらえて、
ありがとうございました!!
(50代・女性)

今回もステキな音楽と人生に
“こんなことあるよね~”と
感じさせてくれるストーリーを
楽しみました。
夢を追いかける人を応援する姿勢が
心にしみて泣けました。
(50代・女性)

===========

夢というテーマについて、
凄く考えさせられました。
主役の女性の方が、田舎に落ち着かず、
女優として輝きを取り戻せて良かった。
周りの出演者も全員、
心温かでほっこりしました。
また見に来たいです。

本当に人生ってこういうもんだよなーと、
毎回思わされています。
フィクションを通して生きる喜びを与えられる
貴重なひと時をいただいています。
ふぁんハウスの今後の熱演を
ずっと見ていきたいと思います。
ありがとうございました。
(男性)

温かい空気が客席まで流れてきました。
ステキなセット、個性あふれるメンバーに
楽しい時間を過ごさせてもらいました。
皆さんの長ゼリフすごい~!
ありがとうございました!
(62歳・女性)

20周年記念公演おめでとうございます。
開演前の男性二人のトーク、
真ん中くらいでの女性三人のトークは
新しいなぁと思って、観ていて楽しかったです。
役者の皆さんはそれぞれが役にぴったり!!
という感じで、
家族の会話は絶妙なコンビネーションでした。
皆さんが楽しんで劇をしているのが分かり、
観ている方も引きこまれました。
お母さんが倒れるシーンでは、
イスから落ちそうなくらいびっくりしました。
家族の絆や回りの人々の優しさ、
百合子が夢に向かって
何度も挑戦するあきらめない気持ち。
私も今、挑戦していることがあり、
いつもくじけてしまっています。
でも、あきらめずに頑張って向かっていこうと思いました。
場面に合った素敵な音楽も良かったです。

等身大の人間が描かれていて共感を持てました。
セット、音楽もステキでした。
(女性)

毎年の夏の楽しみにさせていただいています。
今回もとても楽しませていただきました。
胸が「きゅん」となる、
家族っていいなと、心温まる物語で、
ちょっと田舎に帰りたくなりました。
今年もありがとうございました。

ふるさとの家族の雰囲気が
再現されていて良かったです。
夢を追う人の想い、
それを見守る人の想い、現実と夢、
色々なことを考えながら観ていました。
BGMの音色がとても温かみがあって良かったです。
ステキなお芝居をありがとうございます。
(男性)

大変楽しく見ることができました。
(65歳・男性)

最後の盛り上がりが素晴らしい!!
グッときました。

お父さん役の方が素敵でした。

20年続けているのがスゴイなと思いました。
これからも素敵な舞台を見せてください。
女性がお茶を入れるシーンが多くて、
男性もお茶を入れてもいいのになぁと思いました。
家のセットがリアルで良かった。
主人公の人、本当に芝居が好きなのかな?
ラッキーなことがあって良かったね!と思いました。
あと2日がんばってください!
(女性)

とても良かったです!!

どうもありがとうございました。
次回も楽しみにしています。

すごく良かった。
(90歳・男性)

楽しかったです。ありがとうございました。

新しい役者さんの演技も素晴らしく拝見していました。
(男性)

20周年記念おめでとうございます。
生演奏が良かったです。
場面転換などあきずに楽しめました。
(女性)

暗転が残念に思います。
演奏場所を明るくすれば舞台は気にならないので、
思い切って真っ暗にしてほしかったです。
三人がマイクで話している時の演奏は必要ないのでは。
音が大きすぎて何を話しているのか聞きづらかったです。

夢はその人だけのものじゃない。
支えてくれる人たちの夢も背負っているんだなぁと思いました。
ステキなお芝居でした。
みっちゃんが良かったです。
(37歳・男性)

役者さんの演技に圧倒されました。
生演奏も素晴らしかった。

夢を持つことの大切さ、
叶えることの素晴らしさを
あらためて考えました。

前回の「ふきのとう物語」から2回目の観劇でした。
変わらないあたたかいストーリーに感動しました。
康子さんの母特有のあたたかさにと言いますか、
オーラのようなものに感動しました。
また機会があれば拝見させていただきたいです。

感動しました!やっぱり演劇って良いものですね。
またやりたくなりました。

みなさんの演劇への思いの強さを感じました。
インタビューもすごく良かった。

ハートフルなお話、感動しました。
「充電」が「放電」しないように気をつけます!!

百合子さんの変遷を本当に見事に
描かれていて(演じられて)いると感じました。
重たくなるようなエピソードや、
急転直下のような場面もありながらも、
最後まで引きこまれました。
(38歳・男性)

あたたかい内容でほっこりしました。

あたたかい気持ちになりました。
素敵な舞台をありがとうございました!

何度も泣いてしまいました。
すごく良かったです。

若干セリフが不明なこともあった。
一生懸命皆さんが演技されていること、
よく理解できました。
(男性)

終始明るい空間で、
「夢めぐり」というタイトルが、
話が進むにつれ少しずつ理解でき、
最後にその意味を感じながら楽しめた
とても素晴らしい舞台でした。
ハートフルな舞台も良いものだと思えました。

楽しく見せていただきました。
演奏も素晴らしかったです。

とても面白かった。

以前も観させていただきましたが、
変わらないパワーに力をもらいました。
また頑張ってやってください。
次回も楽しみにしています。

どのみなさんも、動き・表情・声がすごく出ていて、
とても良かった。劇の内容がすごく分かりやすく、
すごく明るい劇で、ぼくたちも明るくなりました。
(中学生)

お金を払って劇を見たのは初めてでしたが、
非常に楽しめて、また見たくなるほど感動しました。
(中学生)

みなさんまるでえいがのように、その役に
すっかりなりきっていらっしゃり、
みりょくてきな音楽とともに、
うつくしい物語をとどけてくださいました。
ありがとうございました。
(中学生)

今回の公演を見て、笑いあり涙あり、
とてもおもしろくて良かった。また見たいと思った。
(中学生)

とてもおもしろく、楽しかったです。
監督役の方が、とても77さいには見えなくて、
すごいと思いました。
音楽もとてもきれい音色で聞いていておちつきました。
また見に行きたいと思いました。
(中学生)

げきが長くて、覚えられるのがすごいと思った。
(中学生)

会場と舞台が一体化できる雰囲気、良かったです。
内容も今の現在に必要な夢を追うということで、
何回も迷ったり、止まったり、つまずいたりしながらも、
夢を叶えるということが良かったです。
良くもステキでした(サックスとピアノ)
また機会があったら観劇したいです。
(55歳・女性)

今回も楽しく観させていただきました。
夢と希望と勇気を感じる、
さわやかな劇でした。
とても心地よく、
優しい気持ちにさせてもらいました。
次回も楽しみにしております。

ところどころ設定に?な部分はありましたが、
良かったです。
新しい顔ぶれも新鮮でした。
(50代・女性)

とても良かったです。
お話が二転三転あり、見ごたえがありました。
上演時間もとても短く感じられるほど
楽しい時間でした。
これからもよい劇をお願いします。
(男性)

家族っていいなぁ。
百合子がうらやましかったです。
(女性)

年を取ったため、セリフが良く聞こえなかった。
全体は良く理解できました。
(80歳・男性)

監督役のおばあさん、誰ですか。おもしろいです。
皆さんの一生懸命な演技が心を打ちました。
これからも頑張ってください。
(42歳・女性)

縁あって母と観劇させていただきました。
感激でした!
(男性・34歳)

3回公演ではもったいないですね。
大変おもしろく、印象深い作品でした。
目の不自由な方が、それを思わせない演奏で、
素晴らしい演出でした。
(57歳・男性)

家族の絆と夢と希望。
温かくて優しくて素敵なお話でした。
展開がいい意味でびっくりしました。
どの役者さんも味があって好きでした。ほっこり。
また観に行きます!!
(26歳・女性)

ヴァーチャル家族、僕もそう感じました。
大変良かったです。
また次回を楽しみにしています。
(男性)

大変良かったです。
若いスタッフに囲まれて有望な劇でした。
(76歳・男性)

とても楽しく、
あったかい時間を過ごすことができました。
愛依梨さん、とっても良かったです!
とてもいい声でした~。
(51歳・女性)

いつもホロリとさせられます。
また次回楽しみにしています。

人生いろいろ考えさせられました。
楽しく、素晴らしかったです。
サックス、ピアノの生演奏もとても良かったです。
また来年楽しみにしています。

素晴らしい。

すごく面白かったです!!

めっちゃ泣いた。
ハッピーエンドで嬉しい…本当に嬉しい…
田舎に帰りたくなった。

良かった。身近なところがとても良い。
(54歳・女性)

明日も頑張ろうと思わせてくれる舞台でした。

初めてですが、大変楽しい時間でした。
(男性)

とても楽しかったです!!
また見たい!!と思いました。

20周年おめでとうございます。
(73歳・男性)

睦子さんの素敵な姿を
見ることが出来て嬉しかったです。
いい家族の中心!かんろく、
とても良かったです。
また楽しみにしています。

夢を希望と勇気を与えていただき、
ありがとうございました。

20周年おめでとうございます!
老若男女、メンバーも新しい方が参加されて
良かったです。
益々頑張ってください!

現実と夢というセリフが多く、
楽しみながら見ました。
どうしても現実というものを
最後まで念頭において
話が進んでいくので辛かったです。
途中のピアノの愛の夢がとてもキレイでした。
太田さん、とても上手だった。

世界観が良く伝わってきて
すごく面白かったです。

大変素晴らしいお芝居でした。
引きこまれました。
これからも頑張ってください!!

睦子さんがとても良かった。

2時間休憩なしは少々きつかったです。
休憩なしならせめて90分で。
(女性)

いちばん初めに観たが「夢めぐり」でした。
あれから10年。あっという間でした。
これからも、元気がもらえる劇を楽しみにしています。
ありがとうございました。
(女性)

とても楽しかったです。
ハッピーエンドが好きなので、
みんな幸せになって嬉しかったです。
舞台の合間に流れる生演奏が良かったです。
ありがとうございました。
(45歳・女性)

泣きました。
途中まで一体どうなるのかと
ハラハラしながら見ていましたが、
二郎さんの登場に興奮しました。
二郎さん好きです。
とても素敵なストーリーでした。
あいりちゃん、かわいかったです。

とても面白かったです。
夢があるのは、やはりいいですね。

楽しませていただきました。
ほろっとして、考えさせられたりもする
良い話しでした。
三上さん、前回のヨンジャ役の
はじけぶりも良かったけれど、
今回はまた魅力的で良かったです。
(男性)

生演奏での舞台が素晴らしかったです。
とても感激しました。
次回、楽しみにしております。
(67歳・女性)

久しぶりに観に来ました。
やはり人情あふれるお話しで、
ホームドラマをみているようで
とても楽しめました。
(50歳・女性)

百合子の中途半端な生き方が
好きになれなかったけれど、
ちゃんと作品に向き合っていたことから、
最後につながって良かったです。
少し長く感じました。
会話が自然でスムーズに耳に入った。
麻痺の仕草がリアルですごいなぁと思いました。
(33歳・女性)

フィナーレの皆様の団結力をひしひしと感じました。
次の公演を楽しみにしています。
小山さん、素敵でした。
監督役の方、私と同じ年で、
あとからついていくつもりで、力をいただきました。
(77歳・女性)

すごくステキな作品を観られて
本当に良かったです。
親、まわりの人間のありがたみを
あらためて感じました。
(40歳・男性)

椅子が固く、尻が痛くなった。
アマティアズさんは、立派!
(男性)

展開がワンパターンなのと、
橋田壽賀子ドラマかと
ツッコミたくなるくらいの
長台詞が観ていて辛かったです。

とても感動する劇でした!
また見に来たいです。
(17歳・女性)

とても感動しました。
最後は泣けました。

夢をささえる、応援する、
家族のお話しで感動しました。
生演奏も良かったです。
素晴らしかったです。
(59歳・男性)

夢と希望を与えてくれた。
感動的で良かった。
(女性)

はじめてでしたが、とても良かったです。
(64歳・男性)

非常に良かった!

おもしろかったです。
(64歳・男性)

Page23 –「20周年記念公演も大成功!」その1

『団長の独り言』PDFファイル(A4サイズ)
↓ こちらからダウンロードできます。
団長の独り言 2018.08.02-05 その1

Page23 –「20周年記念公演も大成功!」その1

劇団ふぁんハウス、
創立に20周年記念公演「夢めぐり」、
ミスも事故もなく、よくぞ終える事ができました。

今回も大成功!
その実感が時間が経てば経つほど、
じわじわと湧き出てくる。

今はホッ!としている。

ただ 細かいところでは、
「あーすれば良かった」
「こうすれば良かった」

と悔やまれる箇所はそこそこあるし、
セリフのミスとかへんな間等もあったので、

「完璧だ!」

とは言い切れないけれど、

ご来場いただいた方からの
メッセージ等を読ませていただくと、
大半の方が楽しんでくださったようで、
まぁー大成功って言っていいのかなぁ?
って思ってます。

そんな「夢めぐり」、
劇場入りから本番が終えるまでの様子を
今回もお届けいたします。

8月2日(木)

午前6時半、気温は30度を超える中、
数名のメンバーが劇団倉庫に集合し、
舞台監督の高橋さんの指揮の下、
積み込み開始。

数日前、
私は仕事終わりに倉庫に来て
運び出す物をまとめておいたので、
とてもスムーズに積み込みは終了する。

時計に目をやれば午前7時前。

劇場入りの時間が午前9時なので、
「かなり早く劇場につくかも」
と余裕のよっちゃんでトラックと、
鈴木カーが倉庫を出発したが・・・

お盆休み前の
花の都大東京は凄まじい渋滞で、
六本木にある劇場に到着したのが、
午前8時58分!

戸田から六本木まで
2時間近くもかかるなんて!
ありえない!

それでも一応はね、劇場入り時間に
到着したので良し!としよう。

劇場で待ち構えていたメンバー達が合流して、
えっさほらさのどっこいさ!で、
2トンロングトラック満載の
大道具・小道具を下ろすと、

トンテンカン、ドリュリュリュリューと
メイン舞台となる
「末吉家」の建て込み開始。

一方楽屋では、チラシやアンケート、
ファンクラブ入会申し込み書等の
パンフへの折込みと、
ファンクラブの皆様へお送りする
「団長の独り言」の製本作業を行う。

こうして、
出演者全員で手分けして作業するのが、
また楽しい。

今回の舞台は、
初めからある舞台面に「張り出し舞台」を
付け足す作業があり、
その張り出し面も含めた舞台面全体に、
リノリウムという床材を
敷き詰める作業もある。

普段はバレエ・ダンス等で
舞台を利用する時に使うものなのだが、
これを敷き詰める作業が結構大変なんです。

真っ直ぐ敷かなきゃいけないのに
重たいからすぐ曲がるし、
なかなか思うようにいかなくてね。

だけど美術の三井さんや大道具会社の方、
舞台監督の高橋さん達は慣れたもの。

お三人が的確な指示を出してくれるので、
あっという間に綺麗な床面が完成する。

今度はいよいよその上に
「末吉家」を建てていくのだが、

玄関から数尺高くなって、
廊下やリビング、そして和室があるので、
この床を仕上げるのに、そこそこ時間を要する。

一見、

「いつになったら
舞台セットが立つのかなぁ?」

と思うほどじっくり時間をかけての
立て込みだが、

いざ土台が決まれば、
あとは壁となるパネルをガンガン建てて、
玄関の扉や襖を入れたら、

「おおお!いつのまに」

ってくらい早い変化で、
とーっても素敵な「末吉家」が完成。

こんな素敵な舞台セットの中で
芝居が出来るのかと思うと、
ワクワクそわそわ。

舞台セットが完成したら、
照明さんによる色合わせ作業。

「シュート」って言うんだけど、
誰もいない静かな「末吉家」を
色取り取りの照明が舞台を照らし出し、

あれやこれやと調整作業をして、
そのシュートがある程度決まれば、
音響さんによるスピーカーの調整や、
音の出具合などのチェック作業が始まる。

先ほどまで、静まり返っていた舞台が、
様々な音楽が鳴り響き、一気に賑やかに!

そうそう、そのサウンドチェックが
始まってすぐなんだけど、
今まで収納されていた客席を、
出す作業も始まった。

背もたれも何もかも折りたたまれて、
まったく見えない状態で
劇場の後ろに収納されていたのだが、

スタッフさんが手元のスイッチを操作すると、
ゆっくりゆっくり座席が姿を現し、
順番に背もたれが立ち上がり、
あっというまに数百の客席が、
サンダーバードの基地のように
全自動で現れた!

その様を見物していたメンバー達から
拍手と歓声があがるほど、
何かのデモンストレーションを
見ているかのようで凄かった!

朝こちらの劇場に来た時は、
なーにもなかったのに、
10数時間後、麻布区民センターが、
「夢めぐり」ワールドに変身し、

19時、ほぼ予定どおり、
「場当たり」作業を開始するのでありました。

Page22 – 「音声ガイド収録と、通し稽古!」

7月28日(土)、29日(日) 「音声ガイド収録と、通し稽古!」

本番も近づき、芝居も固まってきたころ、
音声ガイドのナレーションの収録を行います。
ナレーターはもちろん「ボイス・エマノン」さんです!

全体の稽古開始前、
団長を中心に録音ブースを作り、エマノンさんをお迎え。

早速、マイクテストを行うエマノンさん。
P1240104-400 P1240111-400
P1240103-400
エンジニア・アマティーも真剣な表情。
P1240112-400
いくつものキューがあるガイド、
収録は一発オッケー!
周りの雰囲気もあたためつつ、
一流のナレーションをされるエマノンさん。サスガです!

音声ガイドを利用される方はもちろん、
開演前のアナウンスも担当してくださっているので、
どうぞ皆様お楽しみに!

ということで、
無事に収録を終え、すっかりリラックスしているエマノンさん(笑)
P1240117-400
皆と歓談~
楽しく、また勉強になるお話をしてくださいました。
P1240118-400 P1240119-400
P1240121-400 P1240125-400

劇団ふぁんハウスを取り上げていただいた
情報誌「キスポート」7月号の「ふれあいコラム」の記事を読むエマノンさん。
P1240126-400 P1240127-400
~~~~~
情報誌キスポート7月号は、
8月5日発行。ぜひご覧ください。
◎ふれあいコラム 2018年7月号 web版はこちらから
◎PDF版 2018年7月号 ダウンロードはこちらから。
◎情報誌キスポート 誌面版は、港区内の区民センターや地下鉄の駅などで、無料で配布されています。
ふれあいコラム7月号

~~~~~
皆で記念撮影♪
1nomura2-600
エマノンさん、ありがとうございます!

さあ、本番前全体では最後の稽古です。
スタッフさんもお越しになり、
集中した通し稽古となりました!

照明の土門さん。
P1240299-400 P1240298-400
舞台監督の高橋さん、舞台美術の三井さん。
P1240304.jpg-400 P1240303.jpg-400
P1240230-400 P1240231-400
P1240266-400 P1240232-400
P1240195-400 P1240186-400P1240358.jpg-400 P1240383.jpg-400
P1240369.jpg-400 P1240367.jpg-400

Page22 –「麻布でお会いしましょう!」

『団長の独り言』PDFファイル(A4サイズ)
↓ こちらからダウンロードできます。
団長の独り言 2018.07.29

7月29日(日) 「麻布でお会いしましょう!」

昨日、土曜日の午前10時、
稽古場がある最寄り駅近くの
ファミレスに、受付リーダー達が集合し、
スタッフ会議を行う。

メンバーは小路さん、望月さん、
恒士郎、あとは仕事の関係で、
近畿地方に異動となりながらも
注意点や気になる点などレポートし て、
それを恵ちゃんに託して、
紙面上での参加三尾さん。

この頼もしいメンバー達で
議論になったのが、
チケットの受付カウンターを
どの位置に設置するか?って事とか、
会場入口の扉は何処にするか?ってこと。

今回の劇場は、六本木駅と麻布十番駅の
ちょうど真ん中あたりに位置する

「麻布区民センター」

というところなので、

夏の公演で慣れ親しんだ
「赤坂区民センター」とは勝手が違う。

5年ほど前、こちらの劇場で

「ありがとう、お父さん」

という芝居を上演したのだが、
その時の受付位置がはたして良かったのか?
ってことで意見を出し合う。

あとはこちらの劇場って、温度調整が難しく、
前回の「ありがとう、お父さん」の時は、
真夏なのに「寒い!」という
お客様が結構いらっしゃったので、
それらの反省点も踏まえ、
「劇場内の温度調整」についても話し合い、

それから最寄り駅となる
大江戸線「麻布十番駅」の改札口からの
ガイドヘルプの道順確認や、
ボランティアスタッフさんの
配置等も事細かに詰めていく。

こんな話をしていると、

「ああ本番はもうすぐなんだなぁー」って、

しみじみ思うが、
そうそうしみじみもしていられない。

スタッフ会議のあとは、
午後2時より昼の部の通し稽古、
そして1時間の休憩を挟んで、
夜も通し稽古を行った。

芝居全体の出来は・・・どうなのかなぁ?
受付会議のあと、そのまま稽古を見学してくれた
恒士郎と望月さんは「面白かった!」と
言ってくれたけど、セリフのとちりもあったし、
テンポも悪いし・・・。

特に夜の通しは、
みんな疲れているからだろうけれど、
ひどかったなぁ。

こんなことではいかん!

気合を入れ直し、本日日曜日、
ついに最終通し稽古の時が来た。

最終通し稽古というのは、
約5か月間行ってきた稽古の集大成で、
舞台スタッフさん達も集結し、
受付スタッフのジュヨン君も
真剣な眼差しで、
始まるのを待っている。

こうした沢山の目が見つめる中での
最終通し稽古って事になると、
やっぱり緊張しますわねぇ。

通し開始1時間前、
舞台監督の高橋さんが、
紐と養生テープを駆使して、稽古場の床に
本番と同じサイズ(実寸)の
「末吉家」を型取ってくれたので、
舞台上の距離感が分かり、これはいいぞぉー。

そして14時ちょうど、
ビシッ!と気持ちを引き締め
最終通し稽古を開始すれば、

出だしもいいし、テンポもいい。
これまで散々出してきたダメも、
よーく通っている。

舞台転換も、美鶴さんと優君の
息もようやく合い、とてもスムーズ。

そんな中、役者としての平野恒雄は、
自分の芝居に今一納得出来なかったけれど、
演出家・平野恒雄は、
皆さんの生き生きした芝居にちょっぴり感動!

受付スタッフのジュヨン君は、

「温かい気持ちになるいい芝居ですね!」

と言ってくれたのが嬉しい。

劇団内では、
この前までドタバタしたのだが、
今、劇団ふぁんハウスの
雰囲気は最高!
ギスギスした空気は全くない。

明るいし楽しいし、
それでいて、誰もが真剣で一生懸命。

年齢も経験も性格も
バラバラな人達が集まって、

「夢めぐり」を絶対に成功させよう!
って気持ちで、
稽古の回数を重ねる度に、
みなが協力し合い、
自然とチームワークも出来上がり、
私のつたない感覚だけの
演出を出演者達が助けてくれて、
ようやくここまでたどり着いた。

今、とっても晴れやかな気持ちだ。

外はまたしても、
36度超えなんて言っているけれど、
暑い中、劇場へ足をお運びくださる
皆様のためにも、
最高のステージをお見せいたしますので、
是非とも劇場へお越しくださいね。

Page21 – 「チームワーク良く」

7月21日(土)、22日(日) 「チームワーク良く」
本日も、スタッフさんが見守る中、
通し稽古を行いました!
IMG_0427.jpg-400 IMG_0593.jpg-400
IMG_0448.jpg-400 IMG_0547.jpg-400
IMG_0540.jpg-400 IMG_0556.jpg-400

稽古が始まる前は、
毎回みんなで仮の舞台セットづくり。
回を重ねるごとに、手際が良くなってきました。
P1240131.jpg-400 P1240129.jpg-400

強力なスタッフさんたち。
舞台監督の高橋さん、音響の野中さん。
P1240173.jpg-400 P1240136.jpg-400
照明の土門さん、急きょ
別の現場終わりで駆けつけてくださいました。
IMG_0662.jpg-400 IMG_0661.jpg-400

通し稽古。
一段とチームワークも良くなってきました!
IMG_0457.jpg-400 IMG_0458.jpg-400
IMG_0550.jpg-400 P1240141.jpg-400
IMG_0497.jpg-400 IMG_0509.jpg-400
P1240138.jpg-400 IMG_0550.jpg-400
P1240144.jpg-400 P1240139.jpg-400
P1240140.jpg-400 IMG_0485.jpg-400
IMG_0603.jpg-400 IMG_0568.jpg-400

通し稽古を終えると、
スタッフさんたちのミーティングです。
今回もどうぞよろしくお願いいたします!
P1240174.jpg-400 P1240173.jpg-400
P1240175.jpg-400 P1240176.jpg-400

休憩中の皆さん。