ページの先頭 劇団ふぁんハウス 本文へジャンプ
ここから本文
第6回公演 - 「セカンドステージ」テーマソング

華やぐ町の片隅 一人聞いていた 淡い淡い風の歌
夕暮れ染まる街路樹 色づく木々たち ゆらりゆらりなにを待ってる
くり返す毎日の中 きっと確かに感じている この胸の奥
明日につながる道がある 涙にじませた過去の記憶さえ そっと溶かして
もしもたったひとつだけかなえられるとしたら 与えてほしい ゆるぎない勇気を
信じてみよう 今を信じてみよう 自分を
ときめきはすぐそこに・・・

ビルの谷間に咲いてた タンポポの綿毛 ふわりふわり風に吹かれて
次に咲くべき場所を探し 旅をして やがて誰かの心を癒す
ひとり立ち尽くしていたあの日 目の前通り過ぎてく夢たち まるでそれは
どんな自分になればいいの?問いかけるたびに見えなくなってた 大切なもの
君は君のままでいい 誰かが呼びかける声 ふと目を上げれば そこにたしかに
あなたの笑顔があった そしてやさしさがあった
ときめきはほらそばに・・・

一人立ち尽くしてたあの日から やっと抜け出せる気がした これからはそう
この場所にあなたがいるから 分かち合っていこう 語り合っていこう 夢をかなえよう
何気ない時の中 生まれた小さな奇跡 心弾ませ再び歩こう
ここで出会えた喜び ここで過ごせる喜び
ときめきを刻んで・・・


戻る

このページの先頭へ
問い合わせ : hirano@funhouse.ne.jp
© 2006 劇団ふぁんハウス All rights reserved.