ページの先頭 劇団ふぁんハウス 本文へジャンプ
ここから本文
第12回公演 - 「すぽっとらいと」あらすじ

河内森和世はデビューして15年の演歌歌手。
デビュー曲は5万枚のヒットを飛ばしたもののあとは全く売れず、
健康ランドやカラオケスナックなどを回る地方営業の日々。
和世の所属事務所「株式会社タイガー」のオーナーは角丸食品 の会長、
そして 和世の愛人でもあった。
しかし、その会長とも最近ギクシャク している和世・・・。
そんなおり、会長からついに事務所への送金をカットするとい う連絡が入る。
そして所属レコード会社からは、現在のオリコンチャート総合346 位にある
「明日への旅路」を3ヶ月以内に60位にしなければ契約解除する、
といった最終通告・・・ もう残された道は引退しかないのか…。
しかし新人マネージャー博子の熱意に動かされた和世たちは
あの手、この手を使い、「明日への旅路」売りこみ作戦を開始する。
演歌業界の裏の世界をおもしろおかしく描いた「すぽっとらいと」、乞う!ご期待!!

   第12回公演「すぽっとらいと」チラシ

 

戻る

このページの先頭へ
問い合わせ : hirano@funhouse.ne.jp
© 2006 劇団ふぁんハウス All rights reserved.