ページの先頭 劇団ふぁんハウス 本文へジャンプ
ここから本文
第15回公演 - 「夢めぐり」アンケート結果


演技はもちろんのこと、ピアノやトランペット、音響の一つ一つが
素晴らしいなぁ、と 初めて拝見しましたが正直、驚きました。
とても楽しく、そして、感動させていただきました。
ありがとうございました。
(33歳)

目の見えてない方2人の紹介があるまで全く気付きませんでした。
びっくりです。
すごい練習なのでしょうね。
迫力がありました。
希望がもてるすてきな舞台でした。
またチャンスがあれば見に来たいと思います。

今回も、楽しく面白かったです。
明日からの仕事の活力になります。
(27歳・男性)

ストーリー展開が面白く、良かったです。
目の不自由な方がいらしたとは信じがたいほど、自然に演じられていて
ビックリしました。
これからも、頑張ってください。
(29歳・女性)

面白かったです。
久々に面白かったです(私、けっこう辛口なので)
音響や照明も本格的でしたね。
演技も素晴らしかったです。
それぞれの役の個性もすごく出ていて、それぞれ好感が持てました。
ストーリーのことですが、私でしたら、もし、今 大きなチャンスが目の前に
あるとしても、今 目の前にいる人たちと生きていくことを選びます。
ありがとうございました。
(33歳・女性)

とても感動しました。
お芝居がとても上手で、見入ってしまいました。
また、どの方が目がみえないのか全くわかりませんでした。
また、見に来ます。ありがとうございました。

感動しました。
ステージのセットも良かったです。
ストーリーも面白かったです。
自分も、夢に向かってがんばろうという気持ちになりました。
みなさんのキャラクターも素敵でした。
目の見えないかたがいたと聞いてビックリしました。
全く感じませんでした。
なおさら感動しました。
ちひろさんの演技も素敵でした。
ものまねシーン面白かったです。
本当に観に来て良かったです。
何かお手伝いさせてもらいたいと思いました。
(32歳・女性)

生まれ故郷で生きるか女優を志すか、
周りに翻弄されて二転三転のストーリー展開で
気の抜けない展開ではあったけれど、
「夢」ってものはそれを上回る程人の心をぐっと掴んで離さなくて、
それにひたむきに進む心が奥底にある限り、いつでも昔の孤軍奮闘した日々を
呼び覚まさせるものがあるってことがわかった気がする。
周りだとか世の中だとかが堅実に現実をしっかり見つめて安定志向で生きよ等と
言ったりする中で、不安定でも夢にひたすら向かっていくのは
よほどのプレッシャーとか覚悟がないと出来ないこと、
まして今の先の見えない時代なら尚更。
でもそれでも「夢」のために全精力を尽くすことが
その外的不安をも払拭することは100%とは言えずともある訳で、
そんなオーラを発すれば自ずと協力者も集まったりする訳で、
結局それらが自身のパワーになってるんだって気づかせてくれた。
良いものを観させてもらいました。

すごく良かったです。
感動しました。
(67歳・女性)

毎回、泣きあり、笑いあり、そして人間の本来もっている
温かい人間としての関係を、公演を通して教えていただいております。
劇団そのものの活動が、そうした人たちのつながりや協力で行われている
ということを思うと、当然なんだと思います。
そして、今の自分もまた、自分を取り巻く人たちに支えられてある
ということも、改めて実感しました。
これからも、また公演を楽しみにしております。
今回も、ありがとうございました。
(52歳・男性)

本当の家みたいで楽しかった!
(13歳・男性)

目の見えない方々が、少しのサポートで、目の見える人たちと
同じことができるのに驚いた。
自分は今、音訳の勉強をしていて、
今回このお芝居を観れたのは、とてもためになりました。
素敵な演奏と物語。
泣いて笑えて楽しかったです。
ここまでのものを作るのは大変だったと思いますが、
これからもがんばってください。
(女性)

百合子の役者の夢をあきらめない努力に感動しました。
しかしながら、途中で花屋のほうへ方向転換しようとしましたが、
最後には主役になれてほっとしました。
心からエールを送りたいです。
(29歳・女性)

初めての鑑賞でとても感激・感動しました。
とても素敵な劇をありがとうございました。
これからも一層、頑張ってください。
(62歳・女性)

大変素晴らしく、楽しく見させていただきました。
眼の不自由な方の演奏、演劇、感激しました。
紹介されるまで分かりませんでした。
皆様の益々のご活躍を祈念いたします。
(63歳・男性)

2時間の休憩なしはキビキビして良かった。
母親が出て行った言い訳があるかと思っていたが、なくても構わなかった。
ゲストの3人、芸達者でさすが。
鈴木千秋さん、次回も期待!
(男性)

ストーリーもなかなかのもので、キャストの演技も素晴らしく、良かったです。

お疲れさまでした。
今回は役者さんが見ごたえがありました。
視覚障害の方々も、いつもながら、良くなっていると思いました。

驚きました。
目の不自由な方の動きに全く気づかずにおりました。
さらなる発展を祈念しております。

途中から完全にストーリーに入り込んでしまいました。
皆さんの一生懸命な姿に感動しました。
また来たいです。
(32歳・男性)

家族の温かみを知った。
(男性)

良い芝居でした。
見ていても、ハンデは全く分かりません。
これからも、頑張ってください。

楽しかったです。
また来ます。
(9歳・女子)

大変素晴らしかったです。
今後も発展をお祈りいたします。
(男性)

状況説明的なセリフが多く感じました。

心のあたたかくなるお芝居でした。
演奏も素晴らしかったです。

今回初めて見ました。
とても良かったです。
次回も見たいと思います。
(男性)

竹本さん、堀越さん、前回観させていただいた時より、
数段上手になっていたことに驚きました(プロに失礼・・)
セリフ回しも良いが、しぐさが何より上達されました。
流石!!
脚本も大変良かったです。

素晴らしかったですよ。
次回も楽しみにしています。
(67歳・男性)

自分も視覚障害者で、なりたい職業や夢をあきらめなきゃいけない時もあるけど、
好きな事を楽しく自分の描いた夢にむかって頑張りたいと思いました。

いやぁーお兄さんと一平さんやばいっすねぇー。
最後に視覚障をもっていると言われるまで分からなかった。
いやぁーすばらしいです。

泣けて目がやばいです。
劇を見るのはこれが実は初めてだったけど一回目がこれでよかったです!
また機会があれば見たいです。

桜井さん、ものまね似すぎです。
これからも頑張ってください。
(16歳・女性)

高校生の女の子がスタッフとして動き回る姿にまず、すごいなと思いました。
お芝居は初めて見ましたが、楽しませて頂きました。
(女性・29歳)

役者さん1人1人の役がとてもマッチしていて、わかりやすく楽しく拝見させて頂きました。
また見に来たいです。
ありがとうございました。

楽しく拝見いたしました。
どういった劇団か前情報なしでしたので最後の紹介でびっくりしました。
こらからもがんばってください。
(36歳・女性)

しっかりとした役柄で安心して見られました。
劇の中で一度か二度笑いをさそう場面が有ると良いかと思います。
(60歳・男性)

演奏に感動しました。
とても繊細で正確。
また出演者のおニ人の目が不自由だったとは全く信じられません。
恐るべき集中力、考えさせられます。

涙が出るほど感動しました。
ふぁんハウスのファンになりました。
(77歳・女性)

すばらしいトランペットの音色でした。
感動しました。
(57歳・女性)

本当にすごく面白かったです!!
良い作品ですね。
本当にそう思います。

最後の紹介にて竹本さんと堀越さんが視覚障害を持っていることを知り、大変驚きました。
お二方とも素晴らしい演技でしたので改めて感動しました。
素敵な時間をありがとうございました。
(18歳・女性

とても感動しました。
これからもがんばってください。

最後の紹介の時に全盲の方が2人出演されていることがわかり驚きました。
見ているうちに出演している人がだんだん魅力的に見えてきました。
がんばってほしいと思いました。
(53歳・女性)

今回、初めて見させて頂いて感動しました。
あたたかいお話でした。
生演奏がとても良かったです。
これからもがんばってすてきなものを見せて下さいね。
ありがとうございました。

とても楽しく観劇させて頂きました。
不自由な方々の演奏もすばらしかったです。
役者さんの中にも目の不自由な方がおられたことにもびっくりしました。
又、観に来たいです!これからもがんばって下さい。
(42歳・女性)

集中して見ていました。
途中で泣いてしまった。
おもしろかったです。
おつかれさまでした!

北の国からを思い出すようなストーリーよかったです。
ところどころ役者の声が演奏できこえにくいところ、
早口でききとりにくいところがありました。
ミュージカルのようにうたを取り入れてみたらどうでしょうか。
大変だとは思いますが・・・
ありがとうございました。
(男性)

生演奏付きのお芝居かっこよかったです!
生音!いいですねー!
ちょっとお時間が長いような気もしましたが楽しめました。
皆さんおつかれさまでしたー!

このような公演を見させていただくのは娘の大学生の時以来10年ぶりですが、
とても良いお話を見せていただく事が出来てとても感動しました。
又、夢をかなえる事の大変さを痛感いたしました。
劇団のみなさんこれからも頑張って下さい。
今日はすてきな感動を有がとうございました。

いい公演でした。
テンポがいいなと思いました。

トランペットとピアノが全シーンを結びつけてすてきな2時間でした。
今後もガンバッて、継続は宝です。
ありがとうございました。
(66歳・男性)

とてもハートウォーミングなお話でした。
目頭が熱くなりました。
これからもがんばってください。
またみたいです!

すいかを食べるシーンすてきでした。
これからもがんばって下さい。
娘をもつ父親として娘の夢をかなえてあげたい!そう思いました。

楽しかった。
感動した。
大変よかったです。
(53歳・男性)

すばらしい演技、感動しました
夢を持って生きていきたいと思います。

会場の入り口にもう少し大きな字で案内があるといいです(目が見づらいので)。
ビルの何階かをもっと大きく書いてください。
スライドがちょっと見づらかったです。
もうすこし見やすい工夫がほしいです。
いつも楽しみにしています。
ありがとうございました。
ほほえましくていいなぁといつも思います。
(31歳)

心あたたまるお話でした。
とても楽しく見せていただきました。
次回も楽しみにしています。
ピアノとトランペットとてもすてきでした。
(60歳・女性)

シリアスな雰囲気の中、監督&助監督コンビが面白かった。

泣き、笑いがあって楽しかったです。またきます。
(26歳・男性)

今回も楽しく観せていただきました。
(24歳・女性)

初めて見させて頂きました。
やっぱり「ふるさと」とか「家族」はいーなと思いました。
みなさん、お疲れ様です。
前の席に座っていた人が本番中ケータイずっといじっててまぶしかったのが残念です。
でも、とてもよかったです。
ありがとうございました。

とてもわかりやすくて感動的な公演でした。
また機会があれば観てみたいです。
感動をありがとう!!
(37歳・男性)

すばらしい演技に感動しました。
(68歳・男性)

すばらしい公演ありがとうございました。
とても目が不自由とは思えない演技でした。
(67歳・女性)

終盤かなり感動しました。
大人になっても「夢を見てもいい」って状況はけっこう貴重ですよね。
そういう意味で感動しました。

見ていてたのしかったです。
(女性)

いつも楽しく見ていますが、今回もとても楽しくまた涙しました。
益々のご健闘を。
すごく楽しみにしています。
(67歳・男性)

楽しかったです。
(31歳・男性)

元気をもらっていつも帰ることができます。
今回も感動・楽しい時間を過ごせました。
また見たいです。
(34歳・女性)

とても感動しました。
(60歳・女性)

ほんとうに夢と希望をもたせてくださる事に感謝しています。
次を楽しみにしております。
明日、娘(目から不自由)が友人と来ます。
希望をもてたらと思ってます。
(67歳・女性)

とてもおもしろかったです。
また来たいです!
(男性)

感動しました。
また来たいと思いました。
障害のあるなしにかかわらずひとつのものを一緒に作りあげる力はすごいです。
(51歳・女性)

感動しました。
また観にきます!

とても楽しかったです。
来る度に根底に流れている芝居への熱ーいハートを感じます。
今回はまた豪華なメンバーで更におもしろかった。
子役の美和ちゃんも大きくなってどんどん上手くなってますねー!!
これからも皆さんで頑張っていただき、ステキな舞台を見せてください。
ピアノの方・トランペットの方もよかったですョ。
ありがとうございました。
(37歳・女性)

ピアノ・トランペットが印象的でした。
千秋さんの熱演に声援をおくります。
舞台装置もよく楽しめました。
チームワークのよさも感じられました。
テンポが速くもう少しゆとりがあってもよいかと思いました。
千佳子さん上手ですね。
照明が面白かったです。
(70歳・男性)

平野さんの思いがこもった台本、ストーリでした。
みなさんんのセリフがクリアによく届きました。
次回も楽しみです。

駅で誘導の方が走ってがんばっていて、
小さい子が目を輝かせて芝居を見ていて、
改めてふぁんハウスのパワーのすごさを知りました。
おめでとうございます。
(27歳・女性)

今回もみなさんが本当に楽しそうに公演されているのが印象的でした。
十周年おめでとうございます。
これからもすばらしい舞台を。
今日はありがとうございました。
(女性)

とてもストーリがほのぼのしていてよかったです。
次回も楽しみにしていますので、がんばってください。
(女性)

とてもストーリが分かりやすく身近な感じで見ることができた。
前回同様、竹本さんの感覚がすばらしく見入ってしまいました。
次回も楽しみにしています。がんばってください。
(46歳・女性)

とても楽しく見させていただきました。
お話の内容も分かりやすく役者さんもみなさんお上手ですばらしかったです。
竹本さんがにこっとする笑顔が心に残っております。
(42歳・女性)

初めて見たけど本当すばらしかった。
滑舌もよくて腹からの声も聞いてて気持ちよかったよ。
個人的にみっちゃん役の方すごくよかったなぁと。
芝居が自然で見ていて安心できるしオーラがあった。
後は兄さん役の竹本さん見えていないとは思わなかった。
すばらしい演技で迫力ばっちり、イケ面でした。
(女性)

お疲れさまでした。
久しぶりに舞台を見させてもらいましたが、とても暖かい空気感のあるすてきな舞台でした。
楽しい時間をありがとう。
(女性)

前回のセカンドステージも見ましたが竹本さんのキャラがすごく好きです。
また観に来ます。
楽しい時間を本当にありがとうございました。
(19歳・男性)

お疲れさまでした。
とてもすばらしい舞台ありがとうございました。
今後もがんばってください。
(19歳・男性)

今回もとても楽しませていただきました。
すばらしいものを見させてもらいありがとうございます。
(17歳・男性)

トランペットのターニングがとてもきれいでした。
ピアノもすてきでした。
やっぱり家族っていいですね、ジーンときました。
夢に向かって生きるみなさんと重なりました。
ありがとうございます。

脚本もう少しかな。
セリフのとちりを注意してください。
(60歳・女性)

みなさん熱演でしたね。
ただただ関心です。
また観に来ます。
(女性)

今回6年か7年ぶりに公演を見させてもらいました。
15年前のシーンでエコーが効いていてすごい味が出ていてよかったです。
なんか心のおくからジーンとくるものがあってすごく心があったかくなりました。
ちょっと関係ないけど、この芝居を見ていると無性に麦茶が飲みたくなりました。
(16歳・男性)

お疲れ様でした。
お兄ちゃんと一平も目の見えない方だと思いませんでした。
(女性)

残り二日間がんばってお客様を楽しませてください。
また来ます。
(32歳・男性)

色々と考えさせられる内容でした。
また観に来ますね。
これからもがんばってください。
応援しています。
(37歳・女性)

よかったです、お疲れさまでした。
また機会があったら拝見します。

楽しみにしてまいりましたが、ふぁんな時間をすごさせていただきました。
十周年とのことでおめでとうございます。
今後もますますのご発展をお祈りしております。
お父さんよりお兄さんのほうが年上に見えてしまい、初めのほうだけとまどいました。
(女性)

劇画漫画を見たみたい。
大胆だ。
エンジョイ的な、この劇団作家にしか表現できないものであろう。
(男性)

お疲れ様でした。
後半の展開はテンポがよく面白かったです。
後方の座席にいたせいか、ところどころ音楽と重なって
セリフが聞きづらいところがありました。
明日に活かしていただければと思います。
とてもよかったです。
(女性)

ピアノとトランペットがとても印象深かったです。
夢を見続けることは大変なのにやはりツキがつよかったのでしょうね。
回り道しながらも夢に向かう。
視覚障害の方と思わなかったお二人にも出演者にも拍手、拍手、拍手です。
(65歳・女性)

回り道しながらも一生懸命生きている百合子、それを見守る家族や友人。
夢とは…人は一人では生きられない。
テーマがストレートで分かりやすくおもしろかったです。
(女性)

お疲れ様でした。
みなさんの苦労が忍ばれました。
今後の活躍をお祈りいたします。
(18歳・女性)

ふるさと、夢、無条件に支えてくれる家族。
ふるさといいものですね。
私にはふるさとはありませんが、心のふるさとを思いました。
いつも感動をありがとうございます。
劇団ふぁんハウスずっとお芝居続けてくださいね。
応援しています。
(女性)

回を追うごとに引き込まれていき笑い、感動をいただき本当にありがとうございます。
これからも応援しておりますのでがんばってください。
(37歳・男性)

本当に感動しました。
ものは目だけで見るものではないということを改めて教えていただきました。
(49歳・女性)

今回初めて観させていただきました。
とても楽しかったです。
また次回もぜひこられたらと思います。
みなさんがんばってください。
(39歳・女性)

とてもよかったです。
目が不自由な方が入ってやられているとは思わなかったです。
これからも続けてください。
(37歳・男性)

演奏の二人の方はすばらしかったです、とても上手でびっくりしました。
お父さんの猪木体操もおもしろかったです。
最後に演技二人の方も目が不自由だと聞いてびっくりしました。
全く気がつかなかったです。
これからもがんばってください。

私も夢を大切にがんばっていこうと思いました。
ありがとうございました。

とてもよかったです。
夢はいつまでも持ち続けたいですね。
今日はありがとうございました。

劇団ふぁんハウス10周年記念公演おめでとうございます。
第8回公演から観ておりますが、年々規模が大きくなり、
お芝居もプロの劇団に近づいてきたと思います。
今回の公演ですが、実家にある額縁など田舎らしさが出ていてよかったと思います。
父親役の竹内さんですが、今の父親には不足している父親らしさが出ており
親近感が沸きました。
また、百合子とみっちゃんが会うときには現代の女性のような
芝居らしくない自然な喜び方でよかったと思います。
今回はプロの役者さんもおり、ギャグもありテンポもよく
いつもと違ったお芝居でよかったと思います。
また戸が硬くて開きにくいハプニング!?も面白かったですよ!
今回も笑いあり感動ありでとても楽しかったです。
また、次回の作品に期待をしております。
(37歳・男性)

私も、地方から上京したので、共感できる部分がありました。
主人公・百合子の支えとなった家族や周囲の人たちを見ていて、
自分がいかに、独りよがりな考えを持っていたかが伝わってきました。
体の不調で、ここ数ヶ月、コンサートや映画鑑賞などを控えていましたが、
とても短い、あっという間の楽しい2時間でした。
よっぱらいの演技が、けっこうおもしろかったです。
演技というより、じのままという印象を受けましたよ。
(29歳・男性)

実に演劇を見に出かけたのは小学生の時以来になりました。
20年ぶりになりました。
今回は一人で出かけさせて頂きましたが、本当にあっという間の2時間半でした。
主人公の夢を諦めない姿、厳しい実家の現状、それらの環境の中で
家族一人一人の心の動きがストーリーになり、最後まで夢中で見させて頂きました。
それにしても本当にいろいろ考えさせられる部分もあり、
きっと家族だから成り立っている部分もあって感情も揺さぶられました。
そして、夢の為にわがままで、家族が大変でいるが故に
最後の方で劇団から声が思わぬところでの母親との再会。
いろいろな事に「なんじゃ?」と思いながらもやっぱり涙が…。
楽しかったです。
帰宅して点字のパンフレットを読ませて頂き、
アシスト会員でもスタッフでもそして劇団に入団にするという話も
どれも興味を持たされ現在悩んでいるところです。
本当に楽しい一日になりました。
有難うございました。

10周年おめでとうございます。
毎回楽しみにしております。
今後のご活躍を祈念します。
(37歳・女性)

いつもながら「来て良かった!」とまず思わせていただける感じのいい対応に感謝です。
ふぁんハウスは、チケット申込の段階から温かみを感じると、友達からも言われています。
ちょっとした一言の心遣いが嬉しい♪
(59歳・女性)

健常者だからとか不自由だからとかは取っ払って、全員をプロ役者として見たときの感想です。
ゲスト出演してた方と、劇団役者の演技力の差がちょっとあるかなーと、感じてしまいました。
台本、もう少しぎゅっとしたほうが見られたかな、と思いました。
また是非ふぁんハウスの公演を見たいと思いました!
(女性)

想像しているよりも本格的で驚きました。
スタッフとして参加させていただきましたが、いい経験をさせていただきました。
ありがとうございます。

今回はじめて拝見させていただきましたが、とても素晴しかったです。
皆さんの演技も演奏も素晴らしかったです。
母、娘と観させていただきました。
話も内容も感動で涙が出ました。
次回も公演がありましたら是非来たいと思います。
(35歳・女性)

目が見えない役者さん最後の紹介まで気づきませんでした。
これからも頑張ってください。
(35歳・男性)

リアルに百合子と身の上がどっかぶりな状態なので、
共感する部分が多々あって考えさせられました。
どんどん芝居が楽しくなっていきますね。
ワシも頑張らねば!!また来ます。
(30歳・男性)

楽しくみることができました。
障害を感じることなく見ることができました。
とても感動しました。

今回もすごく良かったです。
次回も楽しみにしています。

見えない役者さんがいることを観劇中まったく忘れてました。
素晴らしかったです!
劇団10周年おめでとうございます。
さらなる発展を祈っております。
(36歳・男性)

昼間の公演は今回だけでしょうか?
私たちのような田舎から出てくる者にとってはとても有難い時間です。
1日2公演は大変でしょうが、是非今後とも続けて欲しいです。
では劇団員や関係者の方々、今後もお体に気をつけて頑張ってください。
(33歳・男性)

次回もまた観たいです。ありがとうございました。
(28歳・男性)

10周年おめでとうございます。
このところ公演に足を運べませんでしたが、今回観させていただくことができました。
本当に観るたびにパワーアップしているのがわかります。
役者さんもしかり、舞台セット、音響効果も、もちろん脚本も。
とてもストレートなメッセージで、ふぁんハウスの芝居はいいなぁと思います。
これからも着々のご発展を期待しております!
(34歳・男性)

とても楽しく拝見しました。
あっという間の2時間でした。

今回御縁があって拝見させて頂きました。
とても障害があるとは思えない演技で驚きました。
また来ます。
すばらしいお時間をありがとうございました。

とても感動し涙を流しました。
どんな状況で離れていても家族のきずなは大切だと思いました。
最後までがんばって下さい。
(36歳・男性)

大変すばらしく感動しました。
みなさんサイコーっすね!
また観に来ます。
(31歳・男性)

とっても感動しました。
ありがとうございました。
私も今まで以上にふるさとを大事に家族に感謝したいと思います。
次回公演も楽しみにしてます。

親近感のある楽しいお芝居でした。
又楽しみにしています。
イノキとちっひーも良かったです。
(38歳・男性)

「家族愛」がとても良く表現されているなぁ…。
と心あたたかくなりました!!
目の見えない方がいるとは聞いていましたが、
まったく感じられないほど、みごとな演技でした!!

久し振りに観た舞台でした。
目の不自由な方がいたことは気がつきませんでした。
私にも現在脳性マヒの子33才がいて大変ですが、
みんながんばっているなーと思います。
(58歳・女性)

すごく感動致しました。
(72歳・女性)

凄く楽しかったです。
私は今高校生で演劇部に入ってるんですが、
私もこういう劇が出来たらいいなぁと思いました。
1人1人の個性が強くてもう驚いたり笑ったりで・・・。
てか、ジロウさんの激変ぶりにもう笑いが止まりませんでした。
皆さんは本日2回の公演でとても大変でしょうが、本当に素晴らしかったです。
今日は本当にありがとうございました。

良かったけど。
ストーリー展開が良すぎる。
盲者の方の演技がすばらしかった。
(55歳・男性)

第13回公演の夏の夜空の晋作さんのファンになり、今回も見にきました。
もう少しシーンを見たかったのが、残念です。
竹本さん、堀越さん、これからも頑張って下さい。
次回公演も楽しみにしています。

最初から最後まで目の見えてない方に気付けなかった。
それほど、自然で素晴らしかったと思う。

すばらしい公演をありがとうございました。
(68歳・女性)

今回も楽しませていただきました。
稽古は大変だと思いますが、次回も楽しみにしていますので、頑張って下さい。
(35歳・女性)

今回は効果音や背景にうまくこられていたと思います。
とてもステキでした。
竹本さん今回はふざけた役ではなく、迫力のある演技でステキでした。
(35歳・女性)

兄貴と一平君が目が見えないと最後に知りました。
すごいです。
驚きです。
期待しています。
兄貴の演技が好きです。
(男性)

モノマネおもしろかった!
桜井ちひろsanのファンです。
(36歳・男性)

これまでで一番感動しました。
途中ハラハラ、最後にハッピーエンド。
パターンは見えていますが、すごくわかりやすくて楽しめます。
シーンの切り替えが早いのが、とても新鮮でした。
(62歳・男性)

今回で2回目です。
今回も笑いありホロリとする場面ありで、楽しく見させていただきました。
また次回を楽しみにしています。

とてもあたたかい劇団で内容もよかったです。
これからも頑張って下さい!
(女性)

舞台は九州なのに、ことばが方言になってなかったのが残念。
方言を使うことによって東京との違いが際立ったのではないでしょうか?
あと、皆さん、一通り台詞を噛んでましたな。
(30歳・男性)

お父さんが良かったです!
いつもやさしい感じで、でもピシッという時は言うお父さん。
こんなお父さんになりたいです。
モノマネがちょいちょい入って、いい意味でたまに気が抜けて良かったです。
倖田來未のものまねのときは、くやしいけど倖田來未にしか見えませんでした。
障害があろうがなかろうが、本物の芝居ができる!というのは本当だと思いました。
障害なんてまったく感じさせない動きで、「すごい!」と思いました。
(男性)

まず驚いたのが、ピアノとトランペットの生演奏でした。
とてもぜいたくな演出だと思います。
お芝居については、観る前から、劇団の設立年と自分が大学に入学し、
上京してきた年が一緒ということと、
お芝居の内容から“ふるさと”がキーワードということだったのが相まって、
不思議と実家(故郷)や上京当時の夢などを思い出しつつ…。
本日観劇して、感じたのは、この10年で捨ててしまった夢と叶った夢と
これから叶えたい夢のこと、そしてそれらは全て家族や故郷につながっていることを
改めて実感しました。
素敵なお芝居でした。
楽しい時間をありがとうございました。
(女性)

すごく温かい劇でした。
夢を持ちその夢に向かってどれだけの人がつきすすめるでしょうか。
どれだけの人が進んだその苦しさに耐えられるでしょうか。
私にはまだ夢という夢がありません。
とりあえず暮せていけることがこれからの目標です。
でも今私のうちはあまり夢を見られるような状況ではありません。
お金の問題というのではなく、人間関係的なものです。
この劇を見て人とのつながり、そして何より
支え合う大切さをしみじみと感じました。
今、私の大好きな父がいなくなって、母も大変そうで、
私も何ができるのか考えてきましたが、
この劇で家族とはこういうものでなければいけないのだと
思うことができて本当に良かったです。



前回といい今回といい、プロの役者さんが何人か入ってるので締まってますよね。
着実に団長の目指す方に劇団が進んでるんだろうなぁと実感しました。
今回の主役は百合子でしたが、私の中では主人公は父(名前ねぇじゃん!)でした。
役者さんの技量もあるのだろうけど、台詞がなくても舞台の中央に陣取る
その存在感はまさに「一家の中心」=「芝居の中心」といった趣。
ついつい目が奪われてしまいました。
きっと以前なら団長がこの役をやらないと芝居が成り立たなかったんじゃないでしょうか。
おかげで団長が社長役に退いて(?)演出に注力でき、
立派な芝居を作られたのだろうと勝手に想像しております(笑)

竹本さん。
ますます演技に磨きがかかってるような。
最初の登場シーンでドアを開ける直前に少し間があったんだけど、
そこに忠信の演技じゃなく役者竹本の「よし、行くぞ!」みたいな
意気込みを感じました。
それがいいのか悪いのか分からないけれど・・・

鈴木さん。
最初少し緊張してたんですかね?
何度か台詞をかむ場面がありましたね。
主役は一人芝居が多いから大変ですよねぇ。
でも俺が1番心に響いたのはスイカを食べてるシーンでした。
なんか鈴木さんから発せられる言葉がグッと来たんです。
ストーリー上さほど重要とは思えない、
なんて事ない平凡な言葉の数々が何故か胸をうちました。
いまだに理由が分からないのが口惜しくて仕方ありません(笑)
あと次郎さんに芝居仲間以上の感情を持ってたのでしょうか?
駅で次郎さんと別れるシーンはなんかそういう風に見えるお芝居な気がしたんですが。
相手を見つめる時間が長かったからかな。

小山さん。
なんか今までとイメージ違って最初誰だか分からなかった。
いやぁ、役者さんってすごいですね。
比較的きつい感じの役が多かったように思うので、いい意味で裏切られた感じです。
どちらかと言うと今回の方が自然な演技に感じたので、
「本来の小山さんはこんな感じに違いない」と勝手に思い込んでおきます。

倉田さん。
とてもいい「はっちゃけっぷり」だったと思います。
個人的には電話のシーンがとても印象に残ってます。
力の入る場面だけど本人には力みがないように見えて「あぁ、いいなぁ」と。
最後に売れっ子になって出てくるのもわざとらしくなく
良い意味でバカっぽくて好き。
ああいう芝居ってシリアスな演技より難しいんですよね。
次郎は百合子に対して仲間以上の感情は無かった感じなんですが、どうなんでしょう。

そしてまた舞台セットが素敵なこと。毎回進化してる気がする(笑)

ストーリーに関して思ったことを書きます。
今回、百合子は2度夢を諦めて田舎暮らし。
それでも夢は叶った。
素敵な話だとは思うんだけど、その間百合子は
その為の努力をしてないように思えたんですよね。
もちろん役者期間中の努力が報われた形なんだけど、
少なくとも田舎にいる間は生活に追われてた描写しかなかった。
だからラス前のシーンで忠信が一人強硬に反対するのに大いに共感したんですが、
その忠信もあっさり陥落。
ちょっと釈然としませんでした。
せめて容認する親父さんと一揉めするくらいの紆余曲折があっても良かったんじゃないかと。
ちょっとハッピーエンドに向けての仕上げが雑だったように感じたのが残念でした。



夢めぐり、
26歳にしていまだ夢めぐりをしている一人息子がゆりちゃんと重なり、
アツいものがこみ上げてきました。
「あきらめない」
これは誰にとっても大切なことですね。

そしてそれ以上に、会場でのスタップの皆様のご配慮、素晴らしいです。
かえって恐縮するほどでした。
終わってからのホールでのお見送りも、誰もが帰りの足を止めて
俳優さんたちとの交流。
あちらでもこちらでもお話の花が咲いていました。
このアットホームな雰囲気には感動致しました。

音声ガイドつきということで、埼玉の山奥から出かけ、
視覚障害者ということで入場券の割引席も特別待遇で最前列。
0.02の視力の私はまだ舞台の動きはしっかり見えました。
何から何までいたれりつくせりで、大満足で帰宅しました。

本当に素敵な時間をありがとうございました
貴劇団の今後のますますのご活躍をお祈りしています。
また次のご公演の予定が決まりましたら、是非お知らせ頂きたくお願い申し上げます。

(私も30年以上前の学生時代は演劇少女でした)
おまけに愚息も高校時代は演劇にのめりこみ、大学ではバンド屋さん。
いまだに夢をあきらめきれずに、定職に就けずにプラプラです。)
やりたいことがあってそれに全力を尽くす。
今の世の中、これが大切なことかもしれませんね。
ではでは、本当にありがとうございました。
(女性)



サポーターズクラブにアシスト会員として入会し数ヶ月。
そして、とうとうかねてからの夢であったふぁんハウスの舞台を観劇し、
劇団員の皆さんにお会いするという夢をかなえることができました。

観劇に行く当日は6時前に目が覚めて、その時点で胸の高鳴りを覚えました。

そして京都から新幹線に乗り東京に着いたとき、自分がそこにいるということが
なかなか信じられませんでした。
しかし周りから聞こえてくる共通語に、少しずつ自分は東京に来たんだと
実感しました。

ついに赤坂見附に着いてガイドをしていただき劇場に入ったとき、
ここまで来ることができたことへの感謝と、これからどんなお芝居の世界が
待っているんだろうという期待で胸が膨らみました。
そして、あっという間に2時間が過ぎ、さわやかな感動が胸いっぱいに広がりました。

今回お芝居を見させていただいて、3つ感じたことがありました。

まず一つはストーリー。
子どもの頃に家族と一緒に見たホームドラマを思い出させるような、
温かくて懐かしい気持ちになれました。
最近テレビドラマを見ていると過激なのが多くて、途中で見るのを
やめてしまうことがよくありました。
皆さんのお芝居は、シリアスなシーンもあれば、猪木体操のような
ユーモアを散りばめたシーンもあり、最初から最後まで
安心して見ることができました。

次に、客席と舞台との距離です。
生のお芝居をあまり見ることのなかった私にとって、
今回客席と舞台の近さにとても驚きました。
お芝居といえば、テレビドラマや劇場中継しか知らなかったのです。
それで、テレビ画面を通したお芝居は、なんだか好きになれない部分があったのです。
今回は舞台と客席が非常に近く、見ていくうちに不思議な一体感に包まれ、
次の日になっても余韻が消えることはありませんでした。

三つ目は、音声ガイドでした。
これまで、テレビの副音声で解説放送付きドラマを見たことは何度かありましたが、
声優さんの声が耳についてストーリーが分からなくなってしまったことがあったので
解説なしで見ていましたが、
今回は公演を観た知り合いの方からのすすめと、
「団長の独り言」で音声ガイドの録音の様子を読ませていただいていたこともあり、
思い切って小型ラジオを持参しました。

実際、音声ガイド付きで観てみると、舞台上での様子が分かりやすく、
ガイドがあった方が生活の様子などもイメージしやすかったです。
山田次郎役の倉田さんの紹介のところで、エマノンさんが「貧乏そうな青年」と
言われたときに、思わず笑いのつぼを刺激されてくすっと笑ってしまいました。
笑いをこらえるのが大変でしたが、おかげで緊張はほぐれました。
ガイド台本を書かれた団長さんと、それを読まれたエマノンさんに感謝です。

今回の観劇で世界も広がり、機会があればまたお芝居を観に行きたいと
思いました。
ロビーでお話をしてくださった平野団長・団員の皆様・そして赤坂見附の駅や
劇場内などでガイドや誘導してくださったスタッフの皆様、
本当にありがとうございました。
最後に、劇団のますますの発展と皆様のご活躍・ご健康・ご多幸をお祈りして、
筆を置きたいと思います。


戻る

このページの先頭へ
問い合わせ : hirano@funhouse.ne.jp
© 2006 劇団ふぁんハウス All rights reserved.