ページの先頭 劇団ふぁんハウス 本文へジャンプ
ここから本文
2008.7.13(日) - 「楽日」
受付スタッフの皆さん
中学3年生のお2人、とてもしっかりしていますふぁんハウスを取材している五味ライターも今日は受付スタッフ恒士郎
吉岡さんの顔を見ると安心します頼りになる屈強な男性陣、にこやかに楽屋見舞い受付、ラジオ貸し出しコーナーにグッズ売り場はこのお2人におまかせ!声高らかに朗らかに販売!
ボランティアで本当に一生懸命やってくださっています
すごくありがたいです
とても頼もしいです

笑顔でお越しになるお客様受付を済ませるお客様 そこへ早くもお客様のご到着
盲導犬ニータを連れたタカさんを美岐がご案内 弟・恒士郎とともに表で大活躍の平野美岐
美岐も次回は役者で出演するみたい

今回最後の円陣 最後の円陣!画は同じでも、もちろん楽日の円陣!

芝居が始まり、軽いハプニングも切り抜け
家庭の状況も省みずわがままを貫き通す百合子を平手で叩く忠信百合子の足元にあった座布団が吹っ飛んで部屋の外に・・・辛うじて客席には落ちず暗転中にスタッフが落ち着いて元の位置に座布団を戻し、何事もなかったかのように芝居は続く
お客様に手を振る出演者たち 3日間4公演の舞台を終えた劇団ふぁんハウス
手を振って挨拶するちひろさん流石!のしゃべり、木村さんにこやかにインタビューに応じる荒川さん
みんなでアントニオ猪木さんのように右手の拳を高々と上げる 11年目へ、20周年へ、未来へ向けて、「ダァー!」

怒涛のバラシの直前に、しばし時を忘れる・・・
お客様と談笑する倉田写真に納まるちひろさんとファンの皆さんひとりひとりのお客様にご挨拶
そして一気に現実へ
本領発揮、大活躍、須藤セットがどんどん倒れていく・・・3日前の仕込みとちょうど逆のような作業
舞台上はバラされたセットでいっぱい須藤と恒士郎「クリーニング ムーンレモン」の看板も役目を終える
セットの骨組み舞台監督田村さん自らバラシ作業
当然のように裏でも働く美岐と恒士郎
働く恒士郎この直前まで美岐もちゃんと働いてました バラシが終われば、小山の愛息、優くんのお守りもやります

ここに写っているのは日曜日の方々だけですが、受付スタッフの皆さん、
片づけまでバッチリやってくださった受付スタッフの皆さんと、ロビーで記念撮影 3日間、本当にありがとうございました!!

戻る

このページの先頭へ
問い合わせ : hirano@funhouse.ne.jp
© 2006 劇団ふぁんハウス All rights reserved.